時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

ジュラルミンorアルミの火鉢

 76年前の8月16日がどんな日だったか、実際に知っているわけではありませんが混乱と安どと日々の生活に追われて大変だったろうなぁ、と思います。テレビドラマや書籍からの情報がほとんどですが…(汗)

 今日は戦後すぐに造られたと推測(かなり確信的な推測)をしている製品です。戦後、兵器の材料として残されていたものをいろいろな生活用品に造り替えています。そんなひとつです。

c0004987_22422528.jpg
c0004987_22431359.jpg

 ジュラルミンorアルミで造られた火鉢です。薄手に造られた陶磁器でもおなじみの卵型(とでも言いましょうか)です。上部と下部に模様を付け、単調になりがちな金属製火鉢に面白みを持たせています。

c0004987_22435087.jpg

 上部は花唐草文様を削り出し?、型による陽刻?で表し、黒い顔料で塗りつぶしています。顔料は何でしょうか、これも工場で使われていたものなのでしょうね。

c0004987_22445315.jpg
c0004987_22465468.jpg
c0004987_22472857.jpg
c0004987_22474841.jpg

 下部は秋草文様らしいものと『紀元2605』と書かれているようです。紀元2605の文字は紀元2605年のことを指し示しているとすれば、昭和20年を表していることになります。
 時代的に考えても金属製の火鉢を昭和20年前半に造ることはまず無いと思われますので戦後すぐの製造と考えられます。

c0004987_22575439.jpg

 底部分には鋳込み?なんですかね、中央部に削った跡が見られます。この時代と思われる金属製すり鉢や食器にも見られました。雑さがこの時代の感じなのだろうなとみています。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-16 23:01 | 占領期参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04