時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

香蘭社製碍子・その1

 忘れてませんか?香蘭社の製品を特集してました!

 あと2点、お付き合いください。

c0004987_1019486.jpg


 香蘭社製のガイシ(碍子)です。正式な名称は…耐塩ピン碍子というのに似ているような…。

 調べてみると『低厭碍子』と呼ばれるものの、二重碍子という種類に似ています。

c0004987_1020560.jpg


 拡大図、『KORAN』に蘭マークは香蘭社のHPには掲載が無いですねぇ。外部委託して製造したのでしょうか。それともまだ知られていないのか?

 『1940』は年号で間違いないでしょう。『L』はサイズですかねぇ。

c0004987_10204964.jpg


 電磁器銅版統制証票のマークです。

 近代陶磁器の研究には欠かせない『概説 近代陶業史 三井弘三・著』に挿絵として掲載されているものの実物ですね。
 
 これを見つけた時は西川きよしさんがごとく目ん玉グリグリになってしまいました(汗)

c0004987_10223244.jpg


 裏には大きな欠けがあるものの、希少性には代えられない。マークのところが欠けていなかったことが幸運です。

c0004987_1022434.jpg


 欠けがあったためか、ただ使用されなかっただけか?わかりませんが未使用のようです。使用されていれば金属製の部品が付けられていることでしょう。


 この手の碍子は難しいかもしれませんが、小さな碍子は海岸や古い家を解体した後の更地、普通に近所の川の土手、いろいろなところで見つけることができると思います。

 もし、このマークがついたものがありましたら…

 めちゃくちゃ珍しいものですよ!

 拾ってください。


 …できたら欲しい…


 ぽちい。
[PR]
by richouken04 | 2013-05-27 09:45 | 戦中期参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04