時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

番号無しと岐514、そして岐355

 この文様のそば猪口、時代からすればそば猪口の使用というよりは湯呑として利用されたものと思います。骨董市や古民芸を扱うお店などで結構な割合で見かけると思いますがいかがでしょうか。

c0004987_18154490.jpg


 矢羽根に桜の銅版転写のそば猪口です。番号のあるものと無いものです。こうして並べると刷りの状態が若干違う程度でしょうか。どちらがどちらなのでしょうか。

 矢羽根の文様は江戸時代より『矢は飛んで行って戻ってこない』ことから嫁入り娘の持ち物として使用されたようです。矢羽根は矢絣とも呼ばれ歌舞伎の舞台で使用されこれが一般に広まったといえます。

 大正時代などには花があしらわれていきます。これが陶磁器にも取り入れられたのでしょう。こういった衣装から意匠を取り入れることは古く桃山時代の織部焼からきているとも言えます。

c0004987_17224152.jpg


 両方を見比べると右は少しだけ器壁が薄いですね。たまたまかもしれませんがここいらへんに時代差があるかもしれません。

c0004987_1723157.jpg


 高台内をみるとどちらもほぼ同じ形状をしています。蛇の目高台とよばれる中央に丸い凹が造られています。古伊万里では中央部に釉薬が掛けられますがこれらにはありません。数多くの同手を見てきましたがやはり形状だけで釉薬は掛けられていなかったと思います。
 統制番号は『岐514』の呉須印が付いています。

 ・・・・・

 ところで4月4日の犬山祭で開催された骨董市で同じ猪口を購入しました。当初、上記2つで紹介するつもりでしたが急きょ追加しました。

c0004987_17335037.jpg


c0004987_1735317.jpg


 矢羽根に桜の文様です。あれだけ何百もの猪口をひっくり返したというのに・・・びっくりです。でも、番号のつけ方があまり上手でなかったため一番いいやつを選んできました。模様の出来が良くても番号がかすれていたり、消えていたりと難しいのですが。

c0004987_17342573.jpg


 高台内中心部に『岐355』の呉須印が付いています。

 『岐514』と『岐355』の番号から調べてみると同じ組合、地区でした。ひょっとしたら番号の付いていない製品もこの地区で生産されたものかもしれませんね。
[PR]
Commented by at 2015-04-05 16:35 x
面白いお品を入手されましたね。どうでしょうか、私はこの時代でしたら逆に向こう付けというより実際に蕎麦猪口として使われたようにも思いますが・・・。統制番号のついているお品の方が薄造りで品質がよいように思えます。この間京都骨董祭で統制番号の磁器製品を探したのですが全然見当たりませんでした・・・やっぱりかなり目が慣れていないと素人には見つからないのですね。
Commented by richouken04 at 2015-04-08 11:04
漣さん、形状が形状ですし、番号付きのものはこれが2つ目ですのでそば猪口として使用したことも考えられます。戦時中と言えどもまだ余裕というか、切羽詰まる前?のものは品質はいいですね。
京都骨董祭、久しく行っていません。あの催事で統制陶器はほぼ皆無じゃないですかねぇ。無いとは言いませんが・・・
Commented by nekome-MNS at 2015-04-14 21:27
番号入りそば猪口とは珍品が!!自分もみつけるとひっくり返しますが、未だ出会ったことは無いです。

京都骨董祭は安い初出し品が少ないような印象でした。店の地べたに積んであるものでも高価な値札がついていて驚きです。
Commented by richouken04 at 2015-04-16 00:40
猫目さん、そば猪口は統制陶器の2冊の図録、どちらにも掲載される逸品です。10数年探して2つですからね~

京都の催事は何かのついでじゃ無いと行けないですなぁ・・・
by richouken04 | 2015-04-05 10:27 | 岐(岐阜県東濃地区) | Comments(4)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04