時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

満州建設勤労奉仕記念の盃

 今年は戦争が終結して70年の節目。未来と過去を同一視するのはちょっと違うと考えていますが、来たるべき未来のことを真剣に考えてゆくことはよいことだと思ます。しかし、未来を考えるには『感情』に身を任すだけではなく過去を『冷静』に見ないといけないではないでしょうか。

 ・・・・・

 今日は皇紀2600年の年号入りの盃を紹介します。

c0004987_15121197.jpg


 『皇紀二千六百年 満洲建設勤労奉仕記念 祝 富山隊』の文字がある盃です。見込には日本と満州国の国旗が描かれます。『富山隊』とあることから富山県で組織された方々が無事帰還したことを祝って配布したものなのでしょう。

 満洲建設勤労奉仕隊についてはあまり研究がされていないということや戦中戦後の混乱から資料の散逸などもあるかと思いますがはっきりとしたことがわかっていないというのが現状のようです。2-3か月の現地奉仕作業ののち帰国したようです。

 興亜学生勤労報国隊満洲建設勤労奉仕隊農業学校隊報告書(国立国会図書館デジタルコレクションより)

 「満州建設勤労奉仕隊」に関する基礎的考察 白取道博(北海道大學教育學部紀要 2000-03)

c0004987_15144311.jpg


 側面は『赤・白・青』の輪線がぐるりとまわしてあります。満州国国旗の色を使用したようです。岐阜の盃と比べると立ち上がり深く造られています。

c0004987_1515658.jpg


 高台内には『九谷』の赤絵銘が付けられています。『九谷』銘はゴム印のものと手書きのものがあります。産地でつけ方が違っていた可能性がありますがこちらもはっきりしたところはわかりません。
[PR]
by richouken04 | 2015-08-10 19:11 | 戦前参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04