時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

手榴弾いろいろ

 尚 nao.さんが陶製手榴弾を拾われたとのことでブログに紹介されています。補足とまではいきませんが、手持ちの陶製手榴弾をまとめて簡単にご紹介します。

c0004987_0453813.jpg

 これは一番最初に手に入れたもので、瀬戸の手榴弾だといわれたもの。その後、瀬戸産の手榴弾には番号が無いことがわかったので確信している。釉薬はいろいろとあるようでこれは黄色っぽいもの。黒っぽいものが多いのではないかと思う。
 サイズは測り忘れ。

c0004987_0463055.jpg

 これは陶片狂さんも有田の川で拾われたという有田産の手榴弾。無釉なのはここの土が水を浸透させないからだと思われる。でないと内部に水分が浸透してしまって使い物にならないからだ。有田のものも番号はついていない。
 サイズは測り忘れ。

 肝心なところが抜けてしまっていてすいません!2003年ごろはサイズを全く測っていませんでした。サイズは信楽とほぼ同じだと思われます。

c0004987_0473589.jpg

 これは信楽。すでに紹介しているものだが、信楽には統制番号が付いている。何種類か番号が確認されているのでたくさんの窯元で焼かれたのだろう。
 サイズは直径7.1センチ、高さ8.5センチ。

c0004987_0484832.jpg

 これは備前焼の手榴弾。上記3つと比べると今現在思い浮かべる手榴弾のイメージに近いものがある。その一方で鉄釉が掛けてあるため今見られる備前焼のイメージには遠い感じがする。溝が彫ってあるのは滑り止めのためとされている。
 備前のものは底に番号のみある。これは『10』と読めるもの。サイズは直径5.7センチ、高さ8.2センチ
 
c0004987_0495668.jpg

 これは東濃地域で焼かれたという手榴弾。他のものと比べ数段に小さいのですがずっしりと重いです。形は瀬戸・有田のような丸型で、備前のように滑り止めの溝がある。足して2で割ったような感じ。これはほとんど見たことが無い。東濃地区で見られる統制番号も無い。
 サイズは直径7センチ、高さ7.1センチ。

c0004987_0512392.jpg

 最後のものは模擬手榴弾。本土決戦のため住民に対し練習を行ったという話もある。上部の穴に細い針金を差し込んで使用したようだ。これにも統制番号は見られない。釉薬・土の感じから瀬戸あるいは東濃で生産されたのではないかと思われる。
 サイズは最大幅5.3センチ、高さ9.4センチ。

 他に実物は無いものの京焼の手榴弾が知られる。京焼には屋号が入れられているという。その他の産地でもひょっとしたら造られていたかもしれない。

 これら手榴弾は平底になっているので、花など生けるととてもよく似合う。
[PR]
by richouken04 | 2007-02-25 01:06 | 戦中期参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04