時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

貝杓子と貝スプーン

皆様コメントが遅れまして申し訳ありません。 
先日に引き続き、貝を使用した代用品2点です。

c0004987_8553076.jpg

 貝杓子(おたま)です。煮物には欠かせない調理道具ですね。こちらは実用にかなったと見えてかなりの数が製造され、たくさん残っています。今でもお土産として売られている場合があるかと思います。これは当時のラベルがそのままですので間違いないものです。

c0004987_8565755.jpg
c0004987_8595634.jpg

 貝は半透明の薄い紙で包まれているので見難いですが『貝 実用杓子』とあり、柄には『マル公 国益杓子』とあります。マル公は公定価格(政府による価格)を示しています。昭和18年改訂版の『金物公定価格総覧』(産業日本社・発行)には貝杓子の価格が記載されており、一番大きいもので31銭したようです。(ちなみに貝の鍋、貝スプーンは記述がありませんでした。)

c0004987_921776.jpg

 貝の裏側です。ホタテよりは赤みが強いですね。これもよく分かりません。サイズは測り忘れ。おおよそ15センチくらいでしょうか。

c0004987_941352.jpg

 こちらは貝匙(スプーン)。ラベルなど無いので当時のものか戦後に入るものなのか詳細は分かりませんが、つくりは杓子と同じです。ただ、角を削って丸く加工している点は他と違うところです。

c0004987_961294.jpg

 裏側です。光が強くて貝が見えないですね、すいませんでした。二枚貝でも大き目の貝で表面は滑らかです。物資が無いとはいえ使用する時のことも考えて造ってあります。
 これもサイズは測り忘れ。貝の部分は3-4センチあったと思います。大人向けでしょうか?
[PR]
Commented by 尚 nao. at 2007-06-24 23:15 x
上の杓子はイタヤガイのようです。
先のホタテの鍋と似たような感じのものですね。
でもスプーンはちょっと凝った作り?
貝の工芸品で西洋宮廷で使われたものに同じようなものがあったかと…
もちろん、そちらの方はもっと豪華な装飾が施されたものですが。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-06-25 06:47 x
richouken04さん5・6番目の留め金具は銅線でしょうか、丁寧に削っていますね。
Commented by mimi_daikon at 2007-06-25 23:07 x
貝スプーンを真似して作って使ってみました。口触りに慣れていないので、少~し妙な感じもしましたが、手作りの道具っていいものですね。ブログにUPしましたので、よろしければご覧下さいませ。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-06-26 06:31 x
mimiさんて、、、! すべて竹の先端を挟んで加工していますね、これが本物のすごいところです。
Commented by beachcomberjp at 2007-06-26 09:11
以前、イタヤガイのおたまはレプリカを作りましたが、これは本物ですねぇ〜!
写真で見たところ、貝殻の角が削ってある気がします。
そしてスプーンまで!!
スプーンの貝はハマグリでしょうか?

前にあったホタテの貝鍋ですが、玉子丼などの具を煮ているものに形を似せてありますよね。
Commented by 陶片狂 at 2007-06-26 21:08 x
レプリカ頂いている陶片狂です。(*^_^*)あれは戦時中のもののなかでも最高の部類だと思います。おたまもスプーンも今だって作ったら売れるのではと思います。
Commented by richouken04 at 2007-06-27 16:51
イタヤガイですか、ホタテとはちょっと違うので違う種類だとは思いましたが、ありがとうございます。
ヨーロッパですと銀食器で貝の形のものが造られたことは存じております。貴族の器ですね。
Commented by richouken04 at 2007-06-27 16:54
九州の昭ちゃんさん、貝スプーンの留め金は赤茶色錆なので鉄ではないかと思います。が、銅かもしれませんし、他の鉱物かも?

mimi_daikon さんの加工はお見事でした!
Commented by richouken04 at 2007-06-27 16:58
beachcomberjpさん、確かに写真をよく見直すと角が取ってあるようです。ただ貝殻をつけただけではないんですね。よーく見なくてはいけないですね。
貝スプーンは写真では白っぽくなって見難いですが、ハマグリではないと思います。貝殻自体は薄く、角が削ってあるようですが楕円形をしている種類ではないかと思います。
Commented by richouken04 at 2007-06-27 17:00
陶片狂さん、どこかでこんなお土産が売っているような気がしますね。実際どうなのでしょうか。売れるのだろうか?と考えてしまいます。値段と使いやすさですかねぇ?
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-06-28 05:57 x
richouken04さん銅の方が細工し易いけれど貴重なので鉄と思いますし家内工業での生産でしょうね。
by richouken04 | 2007-06-24 22:12 | 戦中期参考品 | Comments(11)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04