時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

深川製磁の軍隊食器

 海軍向けの陶磁器用食器が陸軍のそれと比べて少ないのには訳があるようで、その一つが当時軍に売り込みをしていた方の証言にありました。
 『陸軍ではアルミ製の食器の節約になるといって採用されたものの、海軍では落として割れた際怪我をする危険性が高いとして扱ってもらえなかった(抜粋・要約)』と述べられている。これは使用する場所の違いもあると思います。艦内と陸部ではぜんぜん違いますからね。

c0004987_043713.jpg

 碇に桜のマークがつけられた小皿といえるタイプです。釉薬ののりもとても良く、さすがといわざるを得ません。有田の製品でもよいものはありますが日本の頂点にあるメーカーだけに格が違います。

c0004987_0443814.jpg

 そんな深川製の皿なのですが、側面から見ると微妙にゆがんでいるのがわかるかと思います。こういう点を見ると深川製磁とて戦時中はこういうものもあるのかなと思ってしまいます。

c0004987_0461334.jpg

 高台内には深川製磁のマークが呉須でつけられています。凹印のマークを押したタイプもあるようです。サイズは直径15.5センチ、高さ3.4センチ。

 注意:深川製磁などの食器類には復刻版もあるそうです。業者によっては最近造られた復刻版を承知の上で当時の物として売りに出すこともあるようです。もし購入を考えるのであればちゃんとわかる業者さん、あるいは専門家など同行してもらうのがよいと思います。
 購入は自己責任が伴うことをよく考えましょう。この皿も実は真偽は不明です。
[PR]
Commented by 猫目 at 2007-08-30 01:01 x
なんと、復刻版なるものが造られていたのですか!勉強になります。
やはり海軍は人気があるからでしょうかね・・・。
Commented by りちょうけん at 2007-08-30 01:46 x
猫目さん、おそらくは当時軍に従事した関係者向けに造られた物や映画・演劇で使用した物なのでは?と思います。
十分注意して下さい。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-08-30 06:39 x
りちょうけんさん目の保養有難うございます。私ごとで恐縮ですが外務省時代(昭和18年)外務官邸の食堂にチョッと顔を出したことがあります。外国の要人をもてなすところで食器類は当然ピカピカで(今では別に珍しいことではありませんが当時初めて見たので)
友人に聞いたらお湯で洗うからと、、そんなことも思いだしました。
復刻版当然ででしょうね、私の友人が亡くなりましたが麻布で骨董商を、上京すると「昭ちゃん何でも持って帰り」もう手遅れです。
私的な思い出です。
Commented by 横須賀軍需部 at 2007-08-30 08:30 x
はじめまして!複製の食器の件ですが、陸軍、海軍両方存在します。
好意的にお考えのようですが、業者が初めから騙す為に作らせた物です。特に海軍食器がオークションで高額落札されたのが、贋物を流行ら
せる要因にもなったのですが…最近特に酷いと思うのは満州国軍用、国民食器と呼ばれる物に海軍用、銅版転写もゴム印も今でも全然可能で
す。陸軍でも少し変わった食器はだいたいアウトだと思って下さい。
因みに贋物食器をはじめたのはたしか東海地方の業者です、事情通の
業者間では有名な話です。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-08-30 09:16 x
貴重な情報有難うございます。例えば○○○にあるローレックスもそういうルートからくるようで「安い、もどき、」を承知で購入すればそれはそれで楽しみですから、いろいろな事がからんでいますね。
Commented by りちょうけん at 2007-08-30 18:08 x
横須賀軍需部さん、コメントありがとうございます。確かに怪しげなものを造って売っている業者の話は耳にしています。こういう少し特殊なものは十分注意をしないといけませんね。
ご指摘ありがとうございました。
Commented by りちょうけん at 2007-08-30 18:16 x
九州の昭ちゃんさん、人の欲望は怖いものですね。
ただの番号付き茶碗に偽物が出てきたら即刻卒業します(>_<)
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-08-30 20:04 x
昔推理作家の小説に贋作を作る場面がありましたがなかなか手が込んでいました。私の軍関係の食堂は工場名入りのアルマイト食器で、片付けに場所をとりませんからね。裏街道も入りこんでいますね
Commented by 陶片狂 at 2007-08-31 00:16 x
やはり人気のあるものは、そんなことになるのですね。うーん、淋しいかぎりですねえ。
Commented by りちょうけん at 2007-09-01 13:03 x
九州の昭ちゃんさん、アルマイトの食器類でも最近はどうかなって思うものがあったりします。少なからず釘彫り・凹模様は注意です。後からいくらでも加工出来ますからね。
Commented by りちょうけん at 2007-09-01 13:10 x
陶片狂さん、この世界、贋作が無い分野は無いと言っても過言ではないです。
伊万里に中国・韓国のやきもの、氷コップに江戸ガラス、掛け軸、作家もの…そうそう、陶片も例外ではありません。
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-09-01 14:05 x
先日の骨董市で昔の氷冷蔵庫がありました。(昔我が家にあった)当然ですが中の亜鉛引きが腐食したのでしょう白ペンキを内側全部に塗ってありました。ちょっと得体の知れない銃なども、、見るのが楽しみです。
Commented by 0722yoshi at 2007-09-02 12:01 x
写真で見ただけでも、深川製磁の商品は釉薬の光沢や高台のつくりなど
違いますね。
軍隊でも位の上の人用なんでしょうか?
ゆがみは、いくら優秀なメーカーさんでも100個作れば1個は
写真のような物ができてしまいます。
ひょっとして検品された不良品が、メーカーの知らないところで
外部に出てしまったのではないでしょか?
Commented by richouken04 at 2007-09-03 15:46
九州の昭ちゃんさん、骨董市は見るだけならタダですし、不思議なものもありますよね。普通の生活?では目にできないものが見れるところも楽しいところです。
Commented by richouken04 at 2007-09-03 16:12
0722yoshi さん、ありがとうございます。つくりは確かに他のものとはぜんぜん違いますね。でも写真には写らなかったのですが鉄班などありました。
あの時代背景を考えると軍隊でも上位に位置する方々が使用する器でしょうか。あるいはお客様用とか?使用していた所から流出したとも思われますね(本物であればですが)
Commented by 九州の昭ちゃん at 2007-09-03 17:03 x
richouken04さん本当に面白いです。
売っている人がわからない(別に揚げ足をとるつもりは毛頭ありません)作動しませんがスプリングカメラ「オリンパスSIX」がありました。私が昭和28年購入レンズはF3.5で18.000円今でもコパルシャッターは切れます。これでも私の話を参考にしてくれました。こんな交流も楽しみで古着類も好評です。昔のkodakで部品が取れていても、もう判る人がいませんね。陶磁器類は高くて買えませんが私も大の野次馬ですー
Commented by at 2014-08-31 15:56 x
あら〜こういう分野にも贋作が横行しているとは!偽物の磁器製品は古伊万里だけかと思っていましたので大変勉強になりました。ヤフーでも満鉄マークのついたガラス器等がしょっちゅう出ていますが、あれも怪しいでしょうか?
深川や香蘭社も軍隊食器を作っていたのですね。富裕層向けの優美な製品ばかり見ていたのでちょっとびっくりです。
Commented by richouken04 at 2014-09-02 21:34
漣さん、70年経ってこの時代もコレクタブルの分野の一つとなった影響でしょう。中国では満鉄をはじめいろいろなものが製造されているとか。そういったものが流れてきていると聞きました。
深川も香蘭社も軍隊食器を製造しています。この時期の活動は各社、いや各地域でも消してしまいたい雰囲気があるようです。
by richouken04 | 2007-08-30 00:46 | その他産地 | Comments(18)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04