時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

イ31のゴマ炒り(おそらく三重県伊賀地域)

 当時の調理器具は土瓶とヤカン・おろし金を中心にして大きな物では鍋が知られるがその他の器具となるとなかなか見ることが無い。
 これは戦時資料としても、統制陶器としても貴重な一例です。

c0004987_22185044.jpg
c0004987_22201819.jpg

 素焼きのゴマ炒りです。フライパンのような形状、中央部には『戦勝』の文字。デザインの面で見ても優れているのではないでしょうか。
 柄の部分は釘で止めるようになっているようですがこれは木をちょうど入るように調整したようです。

c0004987_22213089.jpg

 底部分中央には『イ31』の凹印があります。生産地はおそらく三重県の伊賀地方だろうと考えています。
 サイズは直系(陶器部分のみ)23.2センチ、高さ5.8センチ。

 ゴマ炒りでこのサイズは不自然なのでさまざまなものを炒るための道具として造られたのでしょう。これは焼き跡(スス)が無いため未使用のものです。
[PR]
by richouken04 | 2008-03-02 22:24 | その他産地

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04