時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いろいろな事( 248 )

 あけましておめでとうございます(^◇^)
 今年も宜しくお願い致します。

c0004987_12522569.jpg


 昨年は数回の更新で終わってしまい、申し訳ありませんでした。今年はもう少しちゃんと更新していこうかと思っていますがどうなるこちゃら。

c0004987_12561587.jpg


 今年はいろいろと巡りたいなぁ。
 
 『志は受け継がれる』、心を支える格言の一つを大切にしよう。






 
[PR]
by richouken04 | 2017-01-02 13:00 | いろいろな事 | Comments(3)
 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。今年はどんな一年だったでしょうか。

 この一か月、というか数か月そして今後しばらく続くであろう地獄の日々を思うとちょっと憂鬱です。(愚痴ってすいません)

 12月は忙しすぎてブログを更新する時間もありませんでした。大須観音骨董市や東寺がらくた市などの骨董市の記事を楽しみにされている方々、陶製陶器の世界に目を向けられた方々など申し訳ありませんでした。

 その一方で11月には三重県四日市市で開館した、内田鋼一氏監修の『BANKO archive museum』への協力など行いました。これがこの一年で一番のニュースですね。

c0004987_22221022.jpg


 全国書店、BANKO archive museumなどで販売中です。よろしくお願いします。

 ・・・・・

 戦後70年という節目の年、この国の未来はどこへ向かってゆくのか考える日々が続きます。これからの世界情勢と相まって簡単な答えは出しにくそうです。

 平安時代末から唱えられた『末法の世』が再びきたのだろうか。それとも今は新世代を待つ江戸時代末期、『幕末』なのか? 大正時代から昭和時代初期の『モボ・モガ』の時代となるのか・・・

 どんな道のりになろうとも気持ちを腐らせず、前を向いて進んでいこう。

 希望とか、夢だと大きな強いことを唱えずとも一歩一歩、確実な歩みを

 紆余曲折はあるけれど必ずあなたをあなたのあるべき場所へとたどり着かせるだろう。

 
 今後ともよろしくお願いいたします。(#^.^#)
[PR]
by richouken04 | 2015-12-31 22:22 | いろいろな事 | Comments(0)

BANKO archive design museum


 三重県四日市市に『BANKO archive design museum』が開館します。

 2015年11月27日にオープンです。
 
 くわしくはこちら

 ホームページ
http://www.banko-a-d-museum.com/top/index.html

 ブログ
http://banko-archive-design-museum.tumblr.com/

 インスタグラム※PCでも閲覧できますが、スマホで閲覧されることをお勧めします
http://banko-a-d-museum.com/instagram/index.html
[PR]
by richouken04 | 2015-11-27 11:00 | いろいろな事 | Comments(0)
 岐阜県多治見市の『ギャルリももぐさ』で開催中の『内田鋼一展』へ行ってきました。とはいっても、すでに会期末でして、昨日の時点ですでにほとんどの作品は様々な方の生活へと溶け込むべく旅立っておりました。

c0004987_20021273.jpg


 ギャルリももぐささんに寄るのは初めてですがとてもよいたたずまいでした。白地のふすまと黒縁の畳に作品が3っつ。この部屋を見た時は寒気がしましたね。すごい・・・と。完全に呑まれました。
 ただ、個人的には雑然とした俗っぽい感じが好きなのでこういう雰囲気の場所は時々なら訪ねるのも有りですけどね。

 ゼイタクダッ!!

 すいません。でも、居心地がいいってそういうことでしょう。
 
c0004987_20021762.jpg


 この日は『アーティストトーク』でした。この私、内田鋼一さんという作家さんについてネットで見られる以外のところでは本などで少しばかり知っているだけでよく知りません。この日お話を伺い、改めて『この人はやきものが本当に好きなんだなぁ』、『陶磁器以外の制作はそういった理由があったんだ』と知ることが出来ました。お話を伺えてとてもよかったです。

 そんでもって、一点譲っていただきました。
 アーティストトークのテーマの『ズラシ』にそっているのかな?とひとりほくそ笑み

 え?なんでしょうねぇ(笑)
[PR]
by richouken04 | 2015-10-18 23:46 | いろいろな事 | Comments(2)

よのなか

 世の中、いろいろと騒がしい。

 なにしろ自分たちの将来または子どもの未来がかかっているからだが、当事者たちは知らぬ顔らしい。

 どんなけ面の皮が厚いのか。

 こんな人たちを選んでしまったことに後悔も出ているだろう。

 法案は成立してしまうかもしれないが、廃止することはできる。

 

 今は戦前ではないな。

 どちらかというと幕末の感じだ。

 ただ、あの頃と違って自分自身で未来を替えられる!

 これで変わらなきゃ、何で変われるんだ?!

 
[PR]
by richouken04 | 2015-09-02 21:00 | いろいろな事 | Comments(2)
 リサイクルショップで10円程度で購入しました。現代中国のお土産です。

 素人が見るとホンモノかと見間違えてしまいます。

c0004987_1615338.jpg


c0004987_1616253.jpg


 磁州窯の茶碗。鉄絵の花文様、外周は白土で化粧を施しています。古色をつけられたらわからないかも。

c0004987_16164588.jpg


 高台には『中国磁州窰製』の印があります。

 これがあれば安心ですね。
[PR]
by richouken04 | 2015-07-05 16:20 | いろいろな事 | Comments(2)
 名古屋のアートサロン光玄で開催中の『内田鋼一展』を観てきました。

c0004987_1115369.jpg


 『内田鋼一展』ハガキ

 初日の午後遅くに訪れたのですがご本人と会うことが出来ました。

 幸運です。

 いいなぁ、と思うものがありました。

 が、自身の『胆力』の低下を思い知ることになりました・・・トホホ

 次回だー!
[PR]
by richouken04 | 2015-07-05 01:12 | いろいろな事 | Comments(2)
 前評判というものは人それぞれで、それがその通りに感じることもあれば正反対の感情を持つこともある。昨年来、現代美術をいろいろ観ているのですが今回の回顧展は一人の人物に光を当てていただけに『わかりやすかった』といえる。

c0004987_2339862.jpg


 若林奮 飛葉と振動  名古屋市美術館 5月24日まで

 解説文を読んでいくうちに彼の表現方法、作品や生き様なんかが他の芸術家や表現者にも共通していえる点があるのではないかと考えが至った。何かを表現することは数学的なんだと。
 
 数学者は難解な公式を解くために様々な計算式を用いてそれにチャレンジしてゆく。ときに後戻りしたり全く違う数式を取り入れたりして。(よくテレビなどで黒板に数式をなぐり書きするシーンが見られるかと思います)

 芸術家や表現者も実は同じなんじゃないかと。さまざまな作品・習作・言動を通じて各人の想うところを形作ってゆく。数学者と違って『作品』という形で残されてゆくのが違うのだが。ただ、それが解けたのかどうかは結局その人自身しかわからないけれど・・・

 いや~、現代美術ってのも結構、いいもんだなぁ。


 
[PR]
by richouken04 | 2015-05-09 23:39 | いろいろな事 | Comments(0)

肩書きはねぇ

 ある方から『統制陶器コレクター』の肩書をいただいた。

 その方とは統制陶器でのつながりがほとんどなのでこうなったのだろう。
 ただ本人としては多少の違和感があったりする。

 私としては『統制陶器』はあくまでも蒐集品の一つの分野であるからだ。
 本当は朝鮮半島の陶磁器や中国モノ、盆や小家具なんかの木具もいいなぁとおもう。
 そうなると『古美術愛好家』とかの肩書なんかなぁ。

 でもそこまで<名品>を手に出来るほどでもないからなぁ。
 『サラリーマン貧乏数寄者』か・・・数寄者ってちょっといいかも♪

c0004987_10461554.jpg
 

 こんなんも好きなんです。最近はこっちのほうに心が傾いています。

 ああ、あれいいなぁ~ これもいいなぁ~ 買えないなぁ~

 がんばれ❤
[PR]
by richouken04 | 2015-03-18 10:47 | いろいろな事 | Comments(4)

いかに伝えてゆくか

 昨日、今日は日本人にとって大きな災いが起こった日ですね。

 戦後生まれにとっては東日本大震災の影響が強いです。テレビでもこの話題で持ちきりな感じ。

 東京大空襲の特集などあったのだろうか、と思ってしまう。それとも夏に特集なの?

 記憶を風化させないという思いではどちらも同じ。

 いかにして伝えてゆくのか。

 のど元過ぎれば熱さ忘れる・・・それが一番恐ろしい。

 30年後の次世代はどちらも経験しないだろうか。

 それとも両方とも繰り返すのだろうか???
[PR]
by richouken04 | 2015-03-11 18:09 | いろいろな事 | Comments(4)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04