時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅の話( 94 )

c0004987_16430436.jpg


メイン会場の様子、お昼過ぎて風が吹いて寒くなって来たからか人手が引いていきました。

c0004987_16430834.jpg


ステージで行われていた陶芸技のショー。実際に体験もできるようですよ♪あの手この手で子供たちの感心を集めなければなりません!

c0004987_16431593.jpg


こちらは若手陶芸家のブースです。最近知り合いになったYさんが出店されています。お気に入りの一品をお探しください♪

c0004987_16432022.jpg


下石町内では窯元巡りができます。まだまだ
レトロな町並みが遺されていますので『懐かしさ』を感じます。

エエわぁ~♪


c0004987_16432567.jpg


町内には所々で窯道具片などみられます。右のコンクリート土台には陶片が練り込まれていました。砂利代わりに使用されたのでしょう。

c0004987_16433111.jpg


物原とよばれる失敗作捨て場ではありません。お墓の側にあったゴミ捨て場です。戦後のものと思います。白磁や瑠璃の仏具がありましたね。

c0004987_16433568.jpg


若手陶芸家Y さんの角皿を譲って頂きました。普段使いによさそうです。

え?肝心の皿がわからない?

『恥ずかしいからやめて下さい』





[PR]
by richouken04 | 2015-10-31 16:18 | 旅の話
 四日市編です。
 萬古神社の周辺は万古焼の産地です。万古焼が興隆するまでは川の氾濫でかなり貧乏な暮らしをしなければならなかったようです。

c0004987_941497.jpg


c0004987_9191763.jpg


 その原因となった川のひとつ、海蔵川。大きな川ですが底が浅いため水害が起こりやすいのかもしれません。陶片を探すという目的においてはその方が好都合かもしれませんが。

c0004987_9201710.jpg


 広がる川原に期待が!でも、10年位前にここに来た時とちょっと感じが違っているような気がします。画像とかあったかな? 
 もしあったら、またアップします。無かったら、今回の陶片だけでm(__)m

c0004987_9213318.jpg


c0004987_9215480.jpg


 近代の陶片がちらほら。そんなに落ちていません。わざわざ来るというほどではありません。

c0004987_922389.jpg


 ただ、比較的多く落ちていたのが山茶碗とよばれる東海地方(愛知・岐阜)でたくさん生産された無釉のやきものの陶片です。愛知では比較的、多く見られるため採取しませんでした。川底に遺跡があるのか、上流部からの流出なのでしょう。

 いくつかのこの地で焼かれたと思われる陶片などを採取しました。

 
[PR]
by richouken04 | 2015-10-08 09:44 | 旅の話

万古神社 2015年9月27日

 骨董市の後、ばんこ焼の里へと向かいました。陶芸教室や販売所などがあります。それはさて、置いておいて・・・その前には『万古神社』が鎮座しています。

c0004987_21482523.jpg


 万古神社は昭和10年の創設とありますので歴史は浅いです。日本陶磁器工業連合会の発足が昭和9年ですのでこの出来事がきっかけで創設されたのかもしれません。

c0004987_2149177.jpg


 本殿もやはり新しいものです。

c0004987_2149341.jpg


 陶磁器産地の神社には比較的見られる陶製の奉納品。ここには燈篭がありました。反対側には作者名と思われる名がありました。ネット検索ではわかりませんでした。また、奉納年月日も不明。いつ頃のモノだろう?

c0004987_2150260.jpg


 こちらは石碑。『山中忠左衛門』は幕末から明治にかけて活躍した方で今に続く万古焼の基礎を築いたと言っても過言ではないでしょう。

c0004987_21502515.jpg


c0004987_21504329.jpg


 こちらは石造の人物像。森有節でしょうか。

 もーちょっと、かっこよくつくったらよかったのに!


 ・・・つづく
[PR]
by richouken04 | 2015-10-07 09:57 | 旅の話

台北の旅・その3 故宮

c0004987_22211178.jpg

c0004987_22213247.jpg


 人だらけの故宮博物院入口。さらにロビーにはわんさかわんさかと観光客がいます。

 ガイドさん曰く、

 『日中戦争です。皆さん負けないでくださいね

 おいおい

 こっちの方が気を使ってしまうようなことを言われるのでビックリです。

 確かに、中国人と日本人ばっかりです。

 いや、中国人の方が多いかも。

 『翠玉白菜』と『肉形石』、「毛公鼎』・・・どれも名品ばかりで・・・

 高嶺の花どころか別次元の花って感じでもう訳わかんな~い。

c0004987_2222120.jpg


 免税品店の大型白菜。

 やっぱし品格が違います。

 
[PR]
by richouken04 | 2014-12-17 22:58 | 旅の話
 2日目は観光がメイン。

c0004987_2262565.jpg


c0004987_2272661.jpg


 中正紀念堂。でっかいです!どうも権力者はでっかい物が好きなようで・・・

c0004987_2265399.jpg


 おっと、この方のお顔を隠す必要はありませんでした(汗)

 ・・・・・

c0004987_22122210.jpg


 忠烈祠は辛亥革命から対日戦争など国のために斃れた方々を祭るための施設だそうで、90年代以後は殉死された警察官や消防士、SARSで亡くなった医師や看護師なども祭られているそうです。

 どこぞの国はどうなんだ?

 まぁ、それぞれ事情もありますので・・・

c0004987_229983.jpg


 衛兵の交代式を見学しました。軍隊中のエリートが選ばれています。

 それにしても…体細っ!
[PR]
by richouken04 | 2014-12-15 22:13 | 旅の話

台北の旅・その2 九份

c0004987_0175990.jpg


 九份(にんべんに分)遠景。とあるアニメ映画の背景などになったとも・・・。

 疲れやら空腹やらで久しぶりに乗り物酔いしてしまい、グロッキーでした。

c0004987_0193110.jpg

c0004987_0185130.jpg


 観光客が大勢います。みんなバシャバシャ。

 雰囲気はいいけど、やはり日本とはちゃいますなぁ。
[PR]
by richouken04 | 2014-12-13 00:08 | 旅の話

台北の旅・その1

c0004987_23532879.jpg


 ほぼ夜中の出発。9時45分の出発なのでこれくらいになっちゃいます。

c0004987_134599.jpg


 四国、高知県室戸岬あたり。天候は良かったです。

c0004987_142922.jpg


 機内食が出ました。これも楽しみの一つです。

 台北到着。

c0004987_235434.jpg


c0004987_23542156.jpg

 
 ごった返すバス乗り場。日本のバスと比べデザインが面白い。

 さてさてこの後どうなるやら・・・。
[PR]
by richouken04 | 2014-12-11 00:02 | 旅の話

明日より3日間、台北へ

 明日より3日間、台北へ行ってきます。

 これを機に再び更新をしたいなぁと考えています。

 よろしくお願いします。
[PR]
by richouken04 | 2014-11-27 22:04 | 旅の話
 徳川美術館へ妻のご両親と行ってきました。

c0004987_0155442.jpg


 『将軍からのおくりもの』と『徳川宗春』。残念ながらすでに会期末で5月25日に終了です。

 常設展示の内容は少しづつ変更されていて見飽きることがありませぬ。

 この日も『大名物』など目の保養です。

 んー、やはり陶磁器に目が…(笑)

 今回、刀剣の展示方法について勉強になりました。

 『刃が上向きと下向きなのはなぜ?』

 『刃が上向きは刀で、刃が下向きは太刀なんです』と説明を聞いた。

 へぇ~知らなんだ。

c0004987_0163455.jpg
 

 徳川園は尾張徳川家の庭園だった場所を最近に復元したものです。緑が多く静かな場所です。

c0004987_0174422.jpg


 秋の紅葉の時期はきれいでしょうなぁ。

 池の鯉。餌は2カップ100円。池近くの出入り口で販売してます。

c0004987_0205779.jpg

 
c0004987_022293.jpg


c0004987_0224733.jpg


 ヘッチコック監督 『』 

 リアルにヤバくねぇ?

[PR]
by richouken04 | 2014-05-24 00:23 | 旅の話
 GWに高山と白川郷へGO!

 まぁ、のんべんだらりと観光記事を書くつもりはありませんので要点のみです。

c0004987_10104325.jpg


c0004987_1011215.jpg


 白川郷には合掌造りの民家がありますが何軒かは内部を公開しています。のどかな風景は日本のイメージにぴったり合うのでしょうね、外国人ツアー客も大勢おられました。

c0004987_10112486.jpg


 そのうちの一軒、和田家に入りました。大きな屋敷です。維持だけでも大変でしょうね。

c0004987_10115023.jpg


 屋根裏も煤が固まりいい色の具合の柱。

一階には江戸期などの婚礼に使用した漆器類が並んでいましたが

c0004987_10121657.jpg


 古染付大皿!

 こんな山奥に古染付大皿があるとは!とびっくりしました。

 『この地の庄屋や役所番人を務め、焔硝(えんしょう)で栄えた』(和田家のパンフより)とのことなのでその収入で入手したのでしょうが・・・すげぇなぁ。

 ・・・・・

 高山では古い街並みの散策はすぅーとして骨董屋を巡りました。

c0004987_10125737.jpg


 古民芸のお店が多いです。なかなか手が出なかったりしますが、『古美術 ゑま庄』(上)と『古美術 倉坪』でいくつか購入しました。

 予算と置き場所が許せばもっといい感じの趣味になるんでしょうね。

 本題はこれではなく、これからです。

 宮川朝市で甘い匂いにつられて入った喫茶店です。何の変哲もない、いやそれだからこそなのか?

c0004987_10151449.jpg


c0004987_10154176.jpg


 古武雄の甕!

 ガラス越しではなく普通に飾ってある!そしてその上にはこの店に届いた郵便物が置いてありました。

 知らぬとはいえ、恐ろしい。
 
 知ってしまったら、もっと恐ろしい。


 ・・・欲しいなぁ・・・
[PR]
by richouken04 | 2014-05-05 10:17 | 旅の話

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04