時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:戦後参考品( 17 )

 戦後の軍用食器の転用について今回が最後です。また時期が来たら、いろいろなバージョンがあればご紹介することもあるかと思います。 

c0004987_0303849.jpg


c0004987_0313248.jpg


 星章の上に花唐草を簡素にしたものを上絵付けして隠しています。隠してはいますがゴム印で押しただけですので丸わかりです。戦中にこんなことは絶対できないでしょうから戦後のモノと思います。

c0004987_0495566.jpg


 花文様は三方向についてます。

c0004987_0341142.jpg


c0004987_0351351.jpg


 内部には梅枝文と半円の輪線文様が付けられています。全体像としてはこんな感じですのでやはり小鉢ということですね。

c0004987_0353632.jpg


 高台内に『有80』の凹印が付いています。この窯元は有力窯元だったのかいくつかの伝世品が残っています。
[PR]
by richouken04 | 2015-08-27 00:17 | 戦後参考品
 名古屋製陶所(名陶)の軍用食器は比較的多く伝世しています。大規模施設を持っていたため大量発注されていたのだと思います。
 戦後の絵付けと考えられる星章を消した軍用食器の転用品が知られていますが見ることは少ないです。今回、揃いましたのでご紹介します。

c0004987_23543530.jpg


c0004987_23553974.jpg


 湯呑(ないし小鉢)、碗、丼、皿の4種類のセットです。すべて上絵付けで星章を消すように花文様が付けられています。

c0004987_23584965.jpg


c0004987_2359628.jpg


 星章部分の拡大。隠すようにつけられています。(写真は皿と湯呑または小鉢のもの)

c0004987_022861.jpg


 高台部分には『名陶』の呉須印が付けられています。


 ・・・・・

 追記

 本日、多治見の美濃骨董市へ行ってきましたが収穫ゼロ。オリベストリート沿いのOさんの店で一点のみ。今後の骨董催事のスケジュールとお財布をニラメッコしながらのギリギリの行動が続きます。

 白洲正子氏みたいに『スラッ』と行きたいもんだな~
[PR]
by richouken04 | 2015-08-24 00:13 | 戦後参考品
 戦後70年というお盆週間もアッというまに過ぎ去り、あれほど熱かった人々の集いの話題もどことなく静まり返ってしまったような気がします。
 日々、ショッキングな出来事が起こるにつれどうしてもそちらに話題が移ってしまうのは仕方ありませんが大きな問題ですので注目していかなければなりません。

 ・・・・・

 戦争に負け、人々は食うこと、生きることで精一杯だったといわれる終戦すぐの時期、モノ不足から様々なものが作られましたが戦時下よりもモノの現存は少ないかと思います。陶磁器はまだ残りやすいものですがそれでも少ないと思います。

c0004987_188579.jpg


 こちらは『茶釉の茶碗』です。売主は『小鉢』とされていました。パッと見は小鉢とか茶碗として見えるのですがよーく見ると星章が見えるのです。そう、軍隊用の食器なのです。しかしこれは軍隊用の食器なのか?

c0004987_1883150.jpg


 軍隊用の食器は今までいくつか紹介しましたがこのようなものはありませんでした。各地で発掘された軍隊用の食器類をみてもなさそうです(すべてを確認したわけではないので)。焼き上がりの悪いものはありましたが『白磁』が基本です。それにこんな色では星章も見えません。
 
 そう考えるとこれは軍用食器の型を使用して造られた戦後の食器ではないかと考えられます。

c0004987_1885072.jpg


 高台内には統制番号の記載は見られません。茶色の陶土を使用しています。もともとが磁器ではなく、陶器なのでしょう。
[PR]
by richouken04 | 2015-08-22 23:21 | 戦後参考品

原子爆弾 武井武夫・著

 この時期になると平和や戦争を考えさせる特集が増えますが、ここもそんなひとつです。でもいつも心のどこかに考えていたいものです。

c0004987_21275928.jpg


 同盟通信社刊行の『原子爆弾 武井武夫・著』です。粗末な紙質に時代を感じます。ですが内容は国外通信を一手にしていただけあってとても詳しく書かれています。

c0004987_21283167.jpg


 発行は『昭和20年9月20日』。終戦から一か月しか経たずに発行されています。さらにこの一か月後、10月31日には同盟通信社は解散してしまいますのでこれが最後の刊行物だったのかもしれません。


 ここに書かれた情報がどれくらい政府や軍にもたらされていたかわかりませんが、今となっては残念です。
[PR]
by richouken04 | 2013-08-07 21:36 | 戦後参考品
 選挙戦、半分終わりましたね。

 予定のある方はちゃんと期日前投票しましたか?

 予定の無い方はどこに一票を入れるにせよ、投票しましょう。

 ・・・・・・・・・

 
c0004987_21173913.jpg


 『敗戦秘史 戦争責任覚え書』

 購入したものの、結局ちょっと読んだだけでなかなか進みませんでした。

 旧かな使いとかあるんですよね…(汗)
[PR]
by richouken04 | 2013-07-16 21:22 | 戦後参考品
 この絵葉書集には『陶器人形』のほかに2枚の絵葉書が付属します。

c0004987_10241981.jpg

 せともの町問屋街付近(いまもあるのだろうか?)にある『陶器神社社殿』『陶器神社全景』です。ネットの地図で確認したところ『火防陶器神社』という神社がありますので、これが絵葉書の神社と思われます。

c0004987_10242444.jpg

 絵葉書を発行した『今井陶器店』。この住所からは今はもう存在しないのでしょうか?この時代の、いや今でも古い商店街などではこのような店頭が見られるかな。陶器店の店頭の様子がわかって面白いです。

 たぶん、まだこの頃は統制陶器(番号付き)が店の奥、ないしは倉庫にしまわれているかもしれませんえ~

 しかし、火鉢の数が尋常じゃないですね~崩れそう…。

 ・・・・・

 週末は関西旅行。京都から丹波を回ります。

 来週はその記事かな、と思います。
[PR]
by richouken04 | 2012-10-05 10:25 | 戦後参考品
 昭和30年にもなると生活もかなり安定してくるようで、戦前に行われていた行事なども再開されたりしているようだ。

c0004987_20375185.jpg
c0004987_20391786.jpg

 せともの祭りと言えば窯業地で開催されるものが有名だがこれはせともの問屋街で行われたものです。

c0004987_2038987.jpg

 八重垣姫

c0004987_20382045.jpg

 平の将

c0004987_20384019.jpg

 養老の滝

c0004987_20385295.jpg

 暫


 『昭和30年度 陶器人形』とある。最近はこのようなものは菊人形では見るが陶器人形は作られているのだろうか?
 もう少し鮮明でカラーであれば当時生産されていた陶磁器類がどのようなものかよくわかるのだろうが…。




 
[PR]
by richouken04 | 2012-10-03 20:35 | 戦後参考品
 紙ものが溜まってきたのでこちらを先に…

c0004987_22241061.jpg

 『美濃陶祖碑』の絵葉書です。発行年記が無いため年代がわかりませんでしたが、美濃陶祖碑の建造時期がはっきりしたことで発行が昭和20年代から昭和30年代と確定できました。
 建造時はまだ周囲の開発が何もなかったことがわかります。現在とはかなり違っていました。

c0004987_22245728.jpg
c0004987_22252792.jpg

 現在の『美濃陶祖碑』です。背後に大きな建物が造られ、周囲も住宅街になっていました。この石碑のある場所も公園になっています。美濃陶祖碑は昭和26年に建立されたものです。

c0004987_2226420.jpg

 この碑の隣に小さな石碑がありました。『美濃陶祖碑建説記』とあり、昭和18年に美濃陶祖碑を建設しようと着手したものの時局熾烈により一時中断したと記されていました。

c0004987_22265985.jpg

 シンプルな、何の面白味もない宛名面です。『郵便はがき』が左書きになっているところが戦後ですね。


 眠くなってきた…
  
 また明日。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-15 22:27 | 戦後参考品

『優勝麬』の湯呑

 オリンピック、終わりましたね…いろいろと場外乱闘?もあっていろいろと…まぁ、それはそれとして。

 骨董ジャンボリーで入手しました。見た瞬間、『おっ』と思い手にしました。そのあと何度か店の前を通過しましたが売れなかったようです。『不思議だな???』、値段も実に安い!600円だったかな。(いえ、このようなオリンピック関連ものとしての値段としてはですが)

c0004987_18372744.jpg

 『優勝麬(ゆうしょうふorゆうしょうふすま)』とかかれた太細緑二重線入りの湯呑です。『優勝麬』と書かれていることから会社用のものかと思われましたが、どうも様子が違いました。『優勝麬』についてはよくわかりませんでした。

c0004987_1838043.jpg

 内部には五輪マークらしいものと国旗が三本並んで絵付けされています。これはオリンピックに便乗した湯呑だったのです。

c0004987_18383098.jpg

 高台内には番号や銘などはありません。

 これが日本のどちらの時代のオリンピックに関連してつくられたものかということが問題になりますね。個人的な判断でいうと高台の畳付が太く、素地も白くカサッとした感じがあるので、こういう感じの高台は統制陶器に見られませんので、戦後のオリンピックだろうと思います。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-13 18:40 | 戦後参考品

和皿・八角皿

 明日は多治見の骨董市に出向きます。室内ですので天候はあまり気にしなくていいのがよいですが、なんかあるかなぁ?

 さて、それはさておき。

 和皿の2つ目。

c0004987_23491512.jpg

 八角形の和皿。型押しで成形されている。菊花や背景の布目文様は戦時下の統制陶器にも多々登場する文様です。さらに釉薬の掛け分けも生産する窯元こそ少ないですが、生産されています。

c0004987_23495788.jpg

 高台部分には何もありません。畳付とよばれる釉薬のついていない(高台の部分ですが)ところを見ると昭和戦前が確実と思われるものなどと比べ内部の形状が違っています。型から取り出す時に出来たであろう傷のようなものがきれいに成形されています。

 これも戦前か、戦後かで見解が分かれると思いますが、個人的な見解からすれば戦前作であればそれに続く統制陶器にもよく似たあるいは同じものが存在してくると思います。実際何種類かは存在しますし。

 そうした場合、これは個々のデザインこそ共通しているものの、全体では存在していない(まだ出会っていないだけ)ので戦後作としています。
[PR]
by richouken04 | 2012-07-20 23:50 | 戦後参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04