時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

タグ:参考品(洋食器類) ( 15 ) タグの人気記事

c0004987_1022152.jpg


 一般では緑二重線の文様入り食器を『国民食器』とよんでいますが私個人は今は最低条件として統制番号の入れられた食器は国民食器としてよんでも構わないと考えています。
 上記の皿は緑二重線入りですが太い線と細い線との組み合わせです。この組み合わせで統制番号の入った食器はほとんど無い、ないしは無いくらいです。これにも番号はありません。

c0004987_1025581.jpg


c0004987_1041894.jpg


 高台内には『ESCO HOTEL WARE JAPAN 』とクロム印が付けられています。このことからホテルで使用された食器であることがわかります。



[PR]
by richouken04 | 2015-11-30 10:04 | 産地・時代不明品
c0004987_00052802.jpg


 BANKO archive design museumが開館しました。古万古として知られる万古焼以降の近代~戦後の製品を展示しています。

 これらは以前に海蔵川川原での採取品で、ウィローパターンとよばれた、悲恋の物語を文様化したものです。
 欧米で人気の図柄であったため輸出用洋食器に多く採り入れられました。器種も皿からポットまでさまざまです。
 採取したものは皿と筒状の製品の陶片で器種や大きさまではわかりません。





[PR]
by richouken04 | 2015-11-29 23:58 | 産地・時代不明品
 無名メーカーの製品ばかりではつまらないかもしれませんのであまり蒐集していないのですが有力メーカーの製品を紹介します。

c0004987_1121073.jpg


c0004987_11212791.jpg


 コンポートと呼ばれる高さのある皿です。日本でも台皿や果物皿と呼ばれたりします。一般的ではないため古い物はなかなか見かけません。この形の大皿は朝鮮時代に祭器として多用されました。

c0004987_112234100.jpg


 縁の文様はクリームボーダーとよばれるクリーム色に塗られた上にシンメトリーな連続文様を配置しています。西洋の陶磁器文様をそのまま取り入れて使用することが長い時代続きましたが、戦後それが陶磁器業界にとって大問題となりますが、機会があれば。

c0004987_1123090.jpg


c0004987_11233599.jpg


 高台というか底部分に『東洋陶器会社 TOYOTOKIKAISHA 意匠登録73714』のクロム銘と『許356●1』のクロム印が付けられています。
[PR]
by richouken04 | 2015-11-27 00:21 | 産地・時代不明品
 年末に向けて統制番号のついた洋食器も紹介したいのでまとめて紹介いたします。

c0004987_22403359.jpg


 洋皿には食べ物をのせる中央部と文様が付けられている『リム』とよばれる部分があります。ここに文様をつけるのは今も昔も変わりませんね。

c0004987_22415885.jpg


 リム部には果実をつけた植物文様があります。西洋陶磁器ではシンメトリーな文様になる場合が多いのですが和風化された洋食器では非シンメトリーな場合があります。

c0004987_22423125.jpg


c0004987_22425556.jpg


 底の銘は『硬質日?磁器 KATO Co 』と赤絵印が付けられています。
 『KATO Co 』なる会社については詳細は不明ですが名古屋市内の陶磁器商店ではないかと思われます。

 ・・・・・

c0004987_22453913.jpg


こちらの洋皿も上記と同じように上絵付けされています。

c0004987_22461013.jpg


 リム部の絵付けは果実文様です。さくらんぼのように見えますがどうなのでしょう。

c0004987_22465643.jpg


 底部には銘などはありません。

 ・・・・・

c0004987_23153869.jpg


 洋皿は細かな文様で縁取りされています。

c0004987_23161188.jpg


 リム部はバラと思われる連続文様が付けられています。昭和の花唐草と言えます。

c0004987_23171417.jpg


c0004987_23173354.jpg


 底部分には『硬質磁器 SHOWA-SEITO』のクロム印が付けられています。
[PR]
by richouken04 | 2015-11-21 10:18 | 産地・時代不明品
 カップつながりということで(汗)

c0004987_2174839.jpg


 三種類のカップ。同じ形状で釉薬の違いで楽しめるように考案されています。実際に流通したものは何色だったのでしょうね。

c0004987_2110377.jpg


c0004987_21102627.jpg


 黄土色のカップはどことなく金属器を感じます。底には『JAPAN 』の凹印がついています。また、商品サンプルを示すラベルと商品番号と思われる番号が印字されています。

c0004987_21111691.jpg


c0004987_21113758.jpg


 緑色のカップは涼しげな印象です。底部分は上のものと同じです。

c0004987_21121668.jpg


c0004987_21124241.jpg


 オレンジ色のカップは暖かい印象でビールにはどうなのでしょう。まぁ、好みの問題ですけどね。こちらも底部分は上記と同じです。

 これらは戦前とも戦後とも捉えられるものです。ただ、底部分のサンプルラベルが気になり蒐集対象となりました。
 こうしたサンプルは一般的には市場に出ないものですが企業の倒産や在庫の整理などでリサイクルされたりしています。本当は全部とは言いませんがきちんと保存されるようになるとよいのですが・・・





[PR]
by richouken04 | 2015-11-09 21:14 | 産地・時代不明品
 統制番号や裏印の無い洋食器は戦前か戦後かの判断が難しいです。ここで紹介している製品もどちらの時代区分をすべきか迷う場合もありますが、昭和初期~中期として扱っています。 

c0004987_1033917.jpg


 バラの絵付けの大きいマグカップです。戦前にこのようなカップが造られていたことに驚きました。こうしたものはここ20~30年の間に一般的になったのではないかと思います。

c0004987_1041575.jpg


 『贈 藤田先生 昭和十一年初夏 吟月』と書かれています。今は素人でも絵付けができますが当時は難しいと思われます。『吟月』氏がもとになる手本を、それを絵付け職人が書いたものと思います。

c0004987_1064663.jpg


 底部分には銘などはありません。





[PR]
by richouken04 | 2015-11-04 10:07 | 戦前参考品
 前回の和食器を洋食器化したとする文様をご紹介しましたが、似た文様が洋食器にもあります。(もちろん本家・元祖の文様がありますがそちらはまだ収蔵していなかったようです)

c0004987_1025914.jpg


 全体に黄土色の絵の具を吹き付けた上にさらに六陵鏡枠の窓絵を焼き付けています。
 こちらはどちらかというと洋食器の和風化といえるのではないでしょうか。このような動きは昭和初期からはじまります。

c0004987_1033160.jpg


 カップ
 口縁の文様は前回の湯呑と似ています。丸窓ではないものの文様も似た感じです。それにしても文様に『コウモリ』とは現在の感覚からしたらあり得ないかもしれないですね。
 コウモリの漢字表記、蝙蝠の蝠が福と同じ発音であることからコウモリは幸福の象徴となりました。しかし、西洋文化の流入、特に吸血鬼の仲間とするイメージの定着ですっかり悪者扱いです。

c0004987_104851.jpg


 底部分には『硬質磁器 MIKADO CHINA』の赤絵印が付けられています。調べてみると古谷駒平なる人物がミカド商店を立ち上げていた。この会社はノリタケの森村市左衛門と関係があったとか。詳細は不明ですが関連があるのかもしれません。

c0004987_1045566.jpg


 ソーサーもカップと同じです。配置は均等ですが3つとも同じでないところが日本的ですね。

c0004987_1053181.jpg


 高台部分にはカップと同じ『硬質磁器 MIKADO CHINA』の赤絵印が付けられています。





[PR]
by richouken04 | 2015-11-03 10:07 | 戦前参考品
 しばらく骨董の話題ばかりだったので、昭和の陶磁器にスポットをあてたいと思います。

c0004987_1234880.jpg


 『愛知硬質磁器』という会社のカップ&ソーサーです。形状はこの時期に多く見られる逆台形に『ク』の字形の取っ手です。

c0004987_1241817.jpg


c0004987_1243459.jpg


 絵柄はこれまたよくみられるバラです。転写による絵付けは細かな点がみられます。後年になるとシルクスクリーン転写の登場によりこのような点々も無くなっていくようです。

c0004987_1252979.jpg


 伏せて焼いているので底部分は釉薬がかかりつるつるですが、口をつける口縁は釉薬がかかっていません。

c0004987_12679.jpg


 ソーサー。シンプルな絵付けですね。シンメトリーに絵柄配置しない点は日本のデザインです。

c0004987_1285630.jpg


c0004987_1295934.jpg


 カップとソーサーにはそれぞれに『愛知硬質磁器 aichiseitosho』の銘が付けられています。瀬戸に『愛知製陶所』が存在していますのでここの製品なのかもしれません。
[PR]
by richouken04 | 2015-10-30 12:25 | 産地・時代不明品

TC銘のデミタスカップ

 先日の白素地のデミタスカップと同じものではないのだけれどこれも白素地に上絵付けしたものですので紹介します。

c0004987_0213254.jpg

 高さがないデミタスカップ(違う言い方があるかもしれませんが、とりあえず小さめなのでこうしておきます)にラスター彩と上絵付けしたものです。
 赤い鳥とバラと思われる花の絵付けは原色を用いた派手なものですので輸出向けにつくられたものでしょう。

c0004987_0221339.jpg

 反対面には何もありません。金色をしたラスター彩は金液の代用とした時期もあったのでしょうかね。

c0004987_0223864.jpg

 底部分には『ヒシTC』銘の商標が付けられています。製造会社はわかりません。名古屋にあった会社だろうと推測してます。
[PR]
by richouken04 | 2012-07-11 00:23 | 産地・時代不明品

白素地のデミタスカップ

c0004987_22375750.jpg

 白素地の小さなカップです。東濃や瀬戸では文様の無い素地だけを造る窯元が多くありました。こののち名古屋に運ばれて色絵付けされて海外へ輸出されたり、国内へ出荷されました。

c0004987_2239935.jpg

 底部分には何もつけられていません。縁にかろうじて石膏型から取り出した時にできる傷のようなものができています。統制陶器のうち、名古屋の番号が付けられているものには上絵付けでつけられた番号があります。
[PR]
by richouken04 | 2012-07-08 22:43 | 産地・時代不明品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04