時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

タグ:軍隊向け食器類 ( 14 ) タグの人気記事

 戦後の軍用食器の転用について今回が最後です。また時期が来たら、いろいろなバージョンがあればご紹介することもあるかと思います。 

c0004987_0303849.jpg


c0004987_0313248.jpg


 星章の上に花唐草を簡素にしたものを上絵付けして隠しています。隠してはいますがゴム印で押しただけですので丸わかりです。戦中にこんなことは絶対できないでしょうから戦後のモノと思います。

c0004987_0495566.jpg


 花文様は三方向についてます。

c0004987_0341142.jpg


c0004987_0351351.jpg


 内部には梅枝文と半円の輪線文様が付けられています。全体像としてはこんな感じですのでやはり小鉢ということですね。

c0004987_0353632.jpg


 高台内に『有80』の凹印が付いています。この窯元は有力窯元だったのかいくつかの伝世品が残っています。
[PR]
by richouken04 | 2015-08-27 00:17 | 戦後参考品 | Comments(2)
 名古屋製陶所(名陶)の軍用食器は比較的多く伝世しています。大規模施設を持っていたため大量発注されていたのだと思います。
 戦後の絵付けと考えられる星章を消した軍用食器の転用品が知られていますが見ることは少ないです。今回、揃いましたのでご紹介します。

c0004987_23543530.jpg


c0004987_23553974.jpg


 湯呑(ないし小鉢)、碗、丼、皿の4種類のセットです。すべて上絵付けで星章を消すように花文様が付けられています。

c0004987_23584965.jpg


c0004987_2359628.jpg


 星章部分の拡大。隠すようにつけられています。(写真は皿と湯呑または小鉢のもの)

c0004987_022861.jpg


 高台部分には『名陶』の呉須印が付けられています。


 ・・・・・

 追記

 本日、多治見の美濃骨董市へ行ってきましたが収穫ゼロ。オリベストリート沿いのOさんの店で一点のみ。今後の骨董催事のスケジュールとお財布をニラメッコしながらのギリギリの行動が続きます。

 白洲正子氏みたいに『スラッ』と行きたいもんだな~
[PR]
by richouken04 | 2015-08-24 00:13 | 戦後参考品 | Comments(2)

海軍用の食器・2点

 陸軍用食器の次は海軍で使用されたと思われる食器をご紹介します。
 海軍は陸軍と違って陶磁器製の食器はあまり多く存在していません。一説では軍艦内で使用しようする場合、落下して破損、怪我をするというリスクを避けたためとも言われています。

 ・・・・・

c0004987_20543557.jpg

 
 錨に桜章がつけられた軍隊用食器です。これとほぼ同じ星章の付いた陸軍用の食器はたくさん見るのですが錨に桜章の付いた食器は見かけません。口縁は割れ欠けを防ぐため厚くつくられています。

c0004987_20554638.jpg


 高台内には『肥28』のクロム印が付けられています。『肥28』は佐賀県嬉野市塩田町にある『志田陶磁器株式会社』に割り振られた番号です。今も工場(現・志田焼の里博物館)が残されていて、内部に残された道具類にこの番号を見ることができます。

 ※志田焼の里資料館HP

 ・・・・・

c0004987_20585011.jpg


c0004987_20591935.jpg


 こちらは海軍で使用されたとも言われる、富士山の絵柄の入った食器です。つくりは軍隊用食器にみられる厚い口縁です。富士山は吹き墨の技法でつけられていると思いますが一部彩色もあるかもしれない。『岐』で見られる富士山と比べるとかなりリアルです。
 反対側にも雲海が描かれていて適当にデザインされたわけではなさそうです。

c0004987_2104015.jpg


c0004987_211031.jpg


 高台内には薄いのですが『名陶』の呉須印が付けられています。『名陶』銘の軍用食器は星章がほとんどでこのような絵柄付きは初めてです。

 
[PR]
by richouken04 | 2015-08-13 21:51 | 戦中期参考品 | Comments(0)

陸軍用の食器・2点

 今日明日と最近入手の軍用食器?をご紹介しておきます。

 今日は陸軍の『星章』が付けられた食器です。

c0004987_20413267.jpg


 星章が付けられた汁入れまたは湯呑と思われる食器です。同じような形状は『名陶』銘の食器揃いにも存在することから同じ規格で製造されたのでしょう。

c0004987_2041265.jpg


 底部分にあるはずの生産者を示す記号などは見られませんでした。軍用食器は1938(昭和13)年に日本陶磁器工業連合会が『代用品』として指定していることからこの時期以降で生産者の記号をつけるような指令が出るまでの間に製造されたものなのかもしれないです。

 ※<代用品>としてのやきもの(2001年、瀬戸市歴史民俗資料館)の図録にも軍用食器が掲載されていて、21点中5点は無印のようです。

c0004987_2141635.jpg


 こちらも星章を付けた皿(食器)です。これも他の食器類と同様の形状をしているので規格による製造なのでしょう。上記の星章と比べると呉須の発色がきれいです。

c0004987_21145463.jpg


 底部分には『四角枠に青』の呉須印が付けられています。この銘から有田の青木兄弟社が製造した製品と考えられます。釉薬が若干青みがおびていて、瀬戸美濃の製品とは違います。
[PR]
by richouken04 | 2015-08-12 21:26 | 戦中期参考品 | Comments(3)
 これは夏の大須観音骨董市で入手のもの。他に軍隊用食器もあったので一緒に出たものなんだろう。名陶の軍用食器は見かけるが、その他の器種は見ないが私だけだろうか。

c0004987_21163277.jpg

 これも灰皿とみるのか、蓋が伴って小物入れとして使われていたものか?下部の溝からすると蓋を付けて、砲弾型●●と呼ばれたものか。

c0004987_21172533.jpg

 裏面には何の模様も無い。質素そのもの。

c0004987_2118321.jpg

 上から内部を見てみる。ニュウがあるのが残念、内部もしっかりと釉薬が掛けられている。灰皿などの場合、掛けられないこともある。

c0004987_21195340.jpg

 底面には軍隊用食器でおなじみの『名陶』の銘が付けられている。
[PR]
by richouken04 | 2013-03-21 21:35 | 戦中期参考品 | Comments(0)

セ741の軍隊食器

 軍隊食器といえば骨董市やネットで見かけるものは『肥28』や『名陶』を多く見かけるが時折ほかのものがあるとうれしいものだ。これもそんなひとつで瀬戸地域の番号付きとしては初めて見つけたもの。

c0004987_13552959.jpg

 見た感じは『名陶』のものと同じように感じるが星章が少し小さい感じがする。大きかったり小さかったり、この辺の規格は決められていなかったのだろうか?どうだろうか。

c0004987_135622100.jpg

 サイズ的には大きな丼といったところか。これに小さなサイズが収納されるかと思うが…どうかな。分厚く造ってあるからもち運びには不便そう。

c0004987_135645.jpg

 底部には『セ741』と判読したが、クロム印が付けてある。瀬戸には『瀬』の漢字記号と『セ』のカナ記号とが存在する。どちらも瀬戸を示しているが、これはどうも『瀬』の漢字の表現が難しいからと思われる。
 それを証明するような、『瀬』漢字記号番号印と『セ』カナ記号番号印が両方ついているものがあるので下記に記しておく。

 瀬741の洋食器セット(瀬のやきもの・2)
 
[PR]
by richouken04 | 2012-08-12 13:56 | 瀬・セ(愛知県瀬戸市) | Comments(4)
 陶片狂さんが『砥部焼の里』紀行をつづられておりますが、その文中を読むうちに砥部焼?と思われるものを思い出しましたので紹介します。

c0004987_18143061.jpg
c0004987_18152150.jpg

 側面からの写真がどうやら整理の際上書きされてしまったようです・・・すいません。上部からの写真と高台側からの写真で想像してください。
 内部は釉はぎされています。釉はぎされた部分を見ると重ね焼しているような跡が確認できます(色が違っている)。文様はまったく何もなし。

c0004987_18165431.jpg
c0004987_18183683.jpg

 高台内を見るとうっすらとではあるが『東亜』の文字が見えます。彫り出した字にしては薄すぎるものです。統制番号は無かったのですがおそらく戦時中ごろ?と思いつつ購入した思いがあります。

c0004987_18203390.jpg

 わかりにくいので文字のある部分を書いてみました。サイズは直径16センチ、高さ5.6センチ。(2006年9月に購入)

 ・・・・・・・・・

 そしてもう1つ、画像を見ていたら内部釉萩の軍隊丼?がありました。これはヒッポ爺さんが北京で入手されたとの事でした。今からすると購入しておいてよかった。報われそうですよ!

c0004987_18212613.jpg

 側面は陸軍の星のマーク。ゴム印で付けられています。当時は中国製か?日本製か?と判断に迷ったものでした。

c0004987_18221573.jpg

 内部は釉はぎです。これも重ね焼するためなんでしょうね。

c0004987_18225163.jpg
c0004987_18232653.jpg

 高台内にはマークも文字もありません。サイズは直径15.9センチ、高さ7センチ。(2007年8月購入)


 これらが砥部焼かどうかはまったくわかりませんが砥部焼であったら貴重なひとつとなりますね
[PR]
by richouken04 | 2008-06-09 18:33 | 産地・時代不明品 | Comments(6)

深川製磁の軍隊食器

 海軍向けの陶磁器用食器が陸軍のそれと比べて少ないのには訳があるようで、その一つが当時軍に売り込みをしていた方の証言にありました。
 『陸軍ではアルミ製の食器の節約になるといって採用されたものの、海軍では落として割れた際怪我をする危険性が高いとして扱ってもらえなかった(抜粋・要約)』と述べられている。これは使用する場所の違いもあると思います。艦内と陸部ではぜんぜん違いますからね。

c0004987_043713.jpg

 碇に桜のマークがつけられた小皿といえるタイプです。釉薬ののりもとても良く、さすがといわざるを得ません。有田の製品でもよいものはありますが日本の頂点にあるメーカーだけに格が違います。

c0004987_0443814.jpg

 そんな深川製の皿なのですが、側面から見ると微妙にゆがんでいるのがわかるかと思います。こういう点を見ると深川製磁とて戦時中はこういうものもあるのかなと思ってしまいます。

c0004987_0461334.jpg

 高台内には深川製磁のマークが呉須でつけられています。凹印のマークを押したタイプもあるようです。サイズは直径15.5センチ、高さ3.4センチ。

 注意:深川製磁などの食器類には復刻版もあるそうです。業者によっては最近造られた復刻版を承知の上で当時の物として売りに出すこともあるようです。もし購入を考えるのであればちゃんとわかる業者さん、あるいは専門家など同行してもらうのがよいと思います。
 購入は自己責任が伴うことをよく考えましょう。この皿も実は真偽は不明です。
[PR]
by richouken04 | 2007-08-30 00:46 | その他産地 | Comments(18)

肥16の軍隊食器

 陸軍向けと思われる食器を紹介し続けましたが、今日明日と海軍向けと思われるものを紹介します。
 海軍向けのものはとても少ないです。統制番号を伴うものは一つしか知りません。もっとあるかとは思いますが出会えていません。

c0004987_125380.jpg

 錨に桜のこのマークは海軍を示すものです。昨今の戦時を描いた映画でおなじみです。器は茶碗で陸軍のものと同じような形状をしています。マークの他は何も文様はありません。

c0004987_1274739.jpg

 ちょっと写真が悪いですが、高台内に『肥16』と呉須印が付いています。サイズは直径11.6センチ、高さ6.5センチ。

 同時にもう一つ手に入れたのですが、そちらは側面は同じなのですが(写真はそれぞれ別固体、錨の先端が欠けています)

c0004987_1291157.jpg
c0004987_1301231.jpg

 高台内は『肥』だけなんですね・・・。番号だけ付け忘れと言うよりもともとこの印を使用していたと見るのが妥当でしょう。サイズは直径11.6センチ、高さ6.6センチ。
[PR]
by richouken04 | 2007-08-29 01:30 | その他産地 | Comments(6)
 星章だけがつけられた軍隊向け食器のほかに九州地区の窯元において一般的ではない製品もいくつか見つかっている。ある人はそれらは上級仕官向けに造られたものとも言われるが、本当のところは不明。

c0004987_11251573.jpg

 側面には大きな星章。ちょっとゆがみが確認できるのはそれだけ材料や焼成時間が確保できなかったことのあらわれとも考えられる。当然のことながら釉下につけられたものです。口淵は折り返している点からも軍隊向けに造られた食器と思われます。

c0004987_1126930.jpg

 内部には達筆で春蘭(あるいはカキツバタ・菖蒲など)が見事に描かれている。単調になりがちであるが呉須(青)の濃淡を利用して防いでいる。これは染付。釉薬が黄色く変色しているのは焼成時の温度が関係しているのだろう。

c0004987_1127168.jpg

 高台内には『肥28』の呉須印がつけてあります。サイズは直径(だ円なので平均的な部分で測定)12.4センチ、高さ6.3センチ。

 もうひとつ九州、有田地区のものを紹介します。

c0004987_11282355.jpg

 こちらはきれいな白磁です。側面には素地から出た鉄茶色い点になっています、がこの時代のものとしてはよい素地といえます。星章はつけられていません。

c0004987_11294942.jpg
c0004987_1130585.jpg

 内部には陽刻で富士山が細かく彫り込まれています。唯一一点ものとは違い、石膏型で型押ししたようです。それでもとてもよくできています。内部中央部には星章の陽刻がついています。

c0004987_11323886.jpg

 高台内に『有18』の凹印があるのですが、白地に凹ですのでどうしても撮影できませんでした。サイズは直径12.2センチ、高さ6.3センチ。
[PR]
by richouken04 | 2007-08-23 11:19 | その他産地 | Comments(6)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04