時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

岐1204/防5の防衛食容器

 これは大須観音の骨董市で入手しました。防5の防衛食容器としては4つ目くらい?ですが底の番号がクックリしていたのと蓋を伴っていたことでご購入となりました。

 ちょうどhiroimonoでも『防3の陶片』が紹介されています。

c0004987_14311940.jpg


 正面は『防衛食 (防5) 大日本防空食糧株式会社 社長 小澤專七郎謹製』の文字が付けられています。ここら辺の文字はおそらく規格化されていたのでしょう、どれも同じですね。

c0004987_14312269.jpg


 未使用品ですので当然、蓋には穴があけられていません。蓋の文字もほぼ同じ文字の羅列のようですが、一部がカナ表記だったり漢字表記だったりと違いも見られます。

c0004987_1432149.jpg


 内部は施釉されるのですが、蓋裏は無釉です。施釉することで蓋の役割が保てなかったのでしょうかね。それとも蓋は施釉しないのが普通だったのか。

c0004987_14345523.jpg


 底部の統制番号は『岐1204』の凸印がつけられています。今知られている岐工連のリストでは空番になっているところになりますのでどこの生産者かは不明です。
[PR]
by richouken04 | 2013-06-09 15:04 | 岐(岐阜県東濃地区)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04