人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

岐425の子供茶碗・その1

 今日は京都つながりということで、『五条大橋で対決する源義経と弁慶』を描いた子供茶碗を紹介します。
 物語のストーリーはTVでも放映されているのでご存知かと思いますので割愛しますが、この対決以後、弁慶と義経は最後の最後まで行動を共にします。
 何かこう書くときな臭く、戦時中の匂いが漂ってきます。そんな意図があったかどうかは今では不明ですが。

c0004987_22164774.jpg

 五条大橋の欄干から飛び降りる義経を見事にとらえています。ちゃんと日の丸の扇を広げているのは意図してのデザインでしょう。
 これは石版あるいは銅版の転写です。腕、足の黄色は筆による彩色ですので銅版転写かと思います。

c0004987_2217326.jpg

 なぎなたを手にかまえる弁慶。相手の動きから目をそらさずまいとしている様子がよく出ています。
 こちらも同じ技法を使用しています。

c0004987_22182376.jpg

 そして義経が飛んだ五条大橋の欄干。今でも五条大橋のたもと、国道1号線の中央分離帯に対決時の様子の銅像が設置してあります。

c0004987_22191331.jpg

 高台内には『岐425』のクロム釉印があります。また、戦前・戦後の物にもある、高台脇の赤紫の帯が見られます。
by richouken04 | 2005-11-06 22:21 | 岐(岐阜県東濃地区)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04