人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

岐870の薬容器

 今日のものもガラスで造られていた形状を写して磁器で製造した容器です。もっともこの容器のガラス瓶を見たわけでも持っているわけでもないので、想像ですが。

c0004987_10232483.jpg

 ラベルには『美髪 育毛 メグミ液』とあります。逆三角形のラベル・面取りされた容器の形状は容器の役割を果たすだけではなく、人間の知的な好奇心を満たすべくデザインされたように見えます。
 全体に青磁釉がかけられ清潔な雰囲気を出すようにしているのも商品の内容に対応させるためなのでしょう。

c0004987_10242624.jpg

 ん?と思われるでしょう。蓋の部分は首が焼きゆがんでいるのです。表からの写真では光の関係でしょう、あまり感じませんがこちらからははっきりと分かります。
 裏には上部には『この空瓶は薬局・化粧品店でお引取りします。』とある。薬品瓶や化粧品瓶など再利用できるものについては回収して使用していた。当時の雑誌広告などにも同じような記述が見られる。
 下部は販売者名・効能などが書いてある。販売者は雑誌で有名な『主婦之友社』。詳しく調べていないが昭和10年代より美容に関する特集を組んだ内容が出てくるのでその頃から販売しているのだろうか。

c0004987_10261729.jpg

 底の部分には『岐870』とクロム釉印が押してある。サイズは測り忘れ。

c0004987_10272098.jpg
c0004987_1031687.jpg

 元々の箱と説明書も付属していました。箱はかなりボロボロになっていますが、未使用ではない箱がこうして残っていることは奇跡に近いことだと思います。
 説明書も染みたり折れたりしてどうにもならない場合がありますがこれはきれいでした。
by richouken04 | 2007-01-17 10:32 | 岐(岐阜県東濃地区)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04