人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

文鎮(昭和19年墨書)

 明日は63年目の終戦記念日。もう何も申しますまい。

c0004987_22304036.jpg

 これは表側は特に何の変哲も無い・・・と言っては製造者に悪いけれど、時間さえかければ特に珍しいものでもなさそうに思います。型造りの八稜鏡(三種の神器の鏡と同じ)に龍文様の文鎮。紐通しの穴に紐をつけるのが正式なスタイルです。

 注目すべきは裏側なんです。

c0004987_22354154.jpg

 『皇紀二千六百一年 京都水上競技選手権大会 主催 京都水上競技連盟』のスタンプによる文字。皇紀2601年は昭和16年、水上競技ですのでおそらく夏ごろの開催でしょう。入選してこれをいただいたのでしょう。
 作者の銘であろう『正文』という凹印があります。京都の窯元の作と見て間違いないと思いますがありますがよくわかりません。直径10.5センチ。

 さらにその下には墨書で

c0004987_22544461.jpg

 『昭和拾九年五月二十一日 斉藤三郎君ヨリ入隊記念トシテ譲ラル』と墨書にて書かれています。友情の証として、あるいは恩師に、あるいは後輩に、これが贈られたのでしょうか。


 昭和19年7月にはサイパン島が陥落。日本の敗北が濃厚になってゆきます。
by richouken04 | 2008-08-14 22:55 | 戦中期参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04