人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 私は明日からゴールデンウィークの休みに入ります。

 でも・・・

 ETCがついていないのでどこも行く予定はありません。

 どこ行っても渋滞でしょうし。

 ・・・・・・・

 5月1日は名古屋・吹上ホールにて『名古屋骨董祭』が開催されますのでこれに行ってきます。

 午後あたりはヒッポ爺さんのお店にいるかと思いますので

 お暇な方はどうぞ。
by richouken04 | 2009-04-28 18:34 | いろいろな事

京都?の手榴弾

 戦争末期になると窯業界では軍からの要請もあって手榴弾や地雷を各地で生産するようになります。瀬戸・有田・信楽では球形のもの、備前では細身のものが製造されました。今回は私自身初めて出会った京都で焼かれたと思われる手榴弾を紹介します。

c0004987_20592992.jpg

 形状は備前焼と同じ細身です。外面、内部にも鉄釉がかけられています。写真では内部までわかりませんが、肉眼で見るとちゃんと確認できます。

c0004987_20594853.jpg

 火薬をつめる口部分は釉薬が無く、こちらを下にして焼成したと思われます。この点でも備前焼と共通点が見られます。

c0004987_210799.jpg

 下部脇に小さく『京 正文』と判読できる凹印がついています。ただの凹みといえばそうにも見えますがおそらく作者の銘でしょう。製品のサイズは高さ8.1センチ。

 京都の製品には『京 ●●』と銘がついているものが多く、ひょっとしたらこの時期の製品も番号をつけない窯元が多数だったのか?と考えさせられるものです。
by richouken04 | 2009-04-20 21:51 | その他産地

阿漕焼の湯呑

 久しぶりの更新となりますね。パラオの話題から離れて、いつもの陶磁器の紹介になります。

c0004987_21342735.jpg

 阿漕(あこぎ)焼は三重県の焼き物で万古焼の流れを汲む。荒廃・再興を繰り返しつつ現在に至る窯場ですが知る限り手びねりなどで製作した茶器などを見かけますね。特にこの焼き物を特徴づける技法などは見られませんので『銘』がひとつの手がかりになります。

c0004987_21345838.jpg


 灰釉を地として波千鳥を上絵付けしています。一般的な上絵付けと違い、どろりとした顔料を使用したのか盛り上がって立体的になっています。千鳥がかわいらしいです。

c0004987_21352120.jpg


 反対側には『皇紀二千六百年 満州建設勤労奉仕隊 参加記念  中村』と書かれています。『満州建設勤労奉仕隊』についてまったく知りませんでしたが、あの時代の国策のひとつなのですね。
 『満州』ものについては残念ながら『ニセモノ』が多々ありますので、ちょっと疑ってしまう点もありました。ただ、これは全体の雰囲気や顔料の使われかたなどが現在のものと異なりますので間違いないものでしょう。

c0004987_21355178.jpg


 高台内には『阿古ぎ』(阿漕)の銘が押してあります。土は技法としてわざと鉄班が出るようにと練り込んでいるようです。万古焼は伝統的な茶器類の製造から一般向け・輸出用の陶磁器へと生産品を転換しましたが、ここでは古くからの伝統を受け継いでいたのでしょうね。サイズは直径7.4センチ。

 
by richouken04 | 2009-04-17 19:00 | 戦中期参考品

日本の痕跡

 パラオは第一次大戦後、ドイツ領から日本の委任統治領として自治がおこなわれています。町の中に日本を垣間見ることはなかった(気が付かなかっただけ?)ですが、ところどころに戦争の跡が見られます。有名なところはペリリュー島ですが今回は行きませんでした。

 それでもバベルダオブ島(パラオ最大の島)の高射機関砲を見てきました。

c0004987_18495832.jpg

c0004987_18504843.jpg


 何の看板も掲示板もなく

 ただ、そこに存在している。

c0004987_18502727.jpg


 今は平和だけ。
by richouken04 | 2009-04-09 18:51 | 旅の話

サンゴの話


 美しいパラオですが昨今の環境の変化はここにも現れているそうです。

c0004987_20352572.jpg


 クマノミは映画の影響で、乱獲が危惧されていますし、

c0004987_2036037.jpg


 サンゴも温暖化(海水温度の上昇)で死滅しているのだそうです。

c0004987_20365067.jpg


 一つ10ドル(それくらいだったと思います)でサンゴの台座を購入し、環境を守る活動をしているそうです。私らも1つ購入しました。

 環境についてちょっと考えさせられる瞬間でした。


 台座にはサンゴが植えつけられてパラオの海にあるようです。

 サンゴはこちら。
サンゴ君のおもしろ教室

 リンクしてありますのでそちらもよろしく!
by richouken04 | 2009-04-07 20:37 | 旅の話

くらげの湖


c0004987_19162926.jpg


 パラオの有名な『ゼリーフィッシュレイク』です。ここからではよくわかりませんがそれこそ無数のくらげが生息しています。

c0004987_1917622.jpg


 ここのくらげの毒は極弱いので触ることができます。


c0004987_19174221.jpg



 とても

 とても

 幻想的
by richouken04 | 2009-04-01 19:19 | 旅の話

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04