人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大須骨董市

 1月28日の大須へ参上。

 極寒の中、せっせと戦利品を手にする人もおられましたが、私は通い徳利を一つだけ。最近どっと出ている通い徳利だが、そろそろ全国各地へと旅立ってゆくのではないでしょうか。

   業者の手によって…

 通い徳利も時代や産地によってさまざまに種別出来るようです。数年前、ある研究者が展示をした際、それらに関する資料(手書きの数ページの紙ですが)をいただいたことを思い出します。
 今見かける多くは明治時代のものと思います。

 今回購入した物は『昭和二年』の年号が入るもの。昭和元年は7日で終わるので昭和の年号の入るものとしては最初のものだろう。そういった意味で入手しておく意味はあると思う。
 ちなみにこの手の徳利は昭和15年を境に生産が終了したという(先の研究者による)。

 もし、統制番号の入るようなものがあればそれは通い徳利としての用途ではなく、運搬用の容器としての意味合いを持ったものになるのであろう。


 画像はまた後日アップします。撮影は済んでいますがまだデジカメの中に入ったままです…

 
by richouken04 | 2011-01-31 00:27 | 骨董市と骨董屋

ゴマいりかと思いますが

 今の生活の中ではこのような生活道具も消えてしまいましたね。正式にこの名前かどうかもちょっと自信が無いです。

c0004987_2348138.jpg
c0004987_23483933.jpg

 素焼きで意外と重いです。型作りであることが横から見るとよくわかります。

c0004987_23544196.jpg

 牡丹か桔梗のような花と蝶々が文様として付けられています。蝶々はトンボのようにも見えますね。

c0004987_2355265.jpg

 底には番号などありません。土器製品なので三河(愛知県)地方の作でしょうか。


 ご存知の方、ご教示をよろしくお願いします。
by richouken04 | 2011-01-22 23:56 | その他産地
c0004987_21484998.jpg

 天国ってこんなところかなぁ。
by richouken04 | 2011-01-18 21:52 | いろいろな事

雪の日の朝

c0004987_646882.jpg

昨日から雪降りで今朝は20センチくらい降り積もりました。
通勤時間が早いためまだスムーズに会社へ出勤・・・休むことままならず。
by richouken04 | 2011-01-17 06:46

金神社骨董市

 東京では骨董の催事の頂点でもある?骨董ジャンボリーが閉幕しましたが、今年は参上しませんでした。なので、地元の小さな骨董市に行ってみました。

 岐阜市の金神社(こがねじんじゃ)骨董市は20軒ぐらいでしょうかね、小さい骨董市です。大須観音の骨董市の業者さんが多いようですが地元の業者さんもおられるでしょう。今回はまだ初詣の方なども見られました。

 N氏から年末に『どりこの』を大須で見かけたと情報があったためちょっと期待して行ったところもありました。
 このところ貧乏徳利とよばれる通い徳利がたくさん出てきており、これはコレクターから出たものではないかと考えられます。

 さて、お買い物は…情報のあった『どりこの』はまだありました。

 値段を聞いて !!!

 買った!!  

 さすがに3本目…ちょっとありがたみが薄れる…

 骨董ジャンボリーで初めて見つけた時の背筋の震えるような感情も無くなってしまうのがちょっとつらい。どんな分野においてもこんな感情がおこるのではないでしょうか?

 感情ではなく、規則的というか、機械的に収集するという立場になっている自分がいる。そんな自分に嫌気がさすこともあるけれど、そうでもしなければ世の中から消えてしまうと考えるようにしている。



 でも、でも… いつも、でも、でも…

 何万回も繰り返している。

 
by richouken04 | 2011-01-10 00:24 | 骨董市と骨董屋

陶片

 本年もよろしくお願いします。

 第一回目は陶片を紹介しましょう。このブログのタイトルにもある『かけら』はもともと陶片を示していて、昔に作ったホームページのタイトルは『かけら美術館』でした。
 初心に戻るという意味も込めて…

c0004987_091983.jpg
c0004987_0102692.jpg

 朝鮮半島の鶏龍山のふもとで生産されたとおもわれる粉引(こひき)の鉢ないしは碗がいくつかくっついて固まった物です。この角度でしか固定できなかったためこの構図になりました。

c0004987_011416.jpg

 この窯は日本人にとても気に入られたようで伝世品も発掘品もあります。これは当然、発掘品ですが雰囲気がいいので購入しました。

c0004987_0113137.jpg

 粉引技法は素地の黒い土に白い土を化粧掛けする技法で高台まで化粧掛けするタイプと高台脇まで化粧掛けするタイプとがありますがこれは前者でしょう。


 ああ、まだここは訪れていません。

 当時の陶工らが見た風景を感じるにはその地を訪れることが大切だと思います。

 モノを見ることは大切ですが、知識に偏らず、その精神を共有することが重要と考えています。


 
by richouken04 | 2011-01-02 00:11 | いろいろな事
c0004987_0344178.jpg


 今年もよろしくお願いします。

 …たぶん不定期の投稿ですが…


 
by richouken04 | 2011-01-01 00:35 | いろいろな事

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04