人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

咲いた

会社の桜の木が咲いてきました。
ようやく春って感じです。

財布はまだまだ真冬ですがねぇ・・・
by richouken04 | 2011-03-30 12:01 | いろいろな事

絵葉書・復興の広島

 本日、多治見の骨董市へ行ってきました。番号付きは3点ほど見ましたがどれも残念ながら収集済みだったため見送り。それでも何も買わないよりは、と国民食器を購入してきた。
 これも最近は見なくなりました。

 只今エキサイトブログの不具合で画像読み込みが遅い場合があるようです。
 表示までに時間がかかるようですが皆様のPCの不良ではありませんのでご安心ください。

 ・・・・・・・・・・

 今日は復興を遂げた広島の絵葉書。今考えると昔の人、いや、被災者の方々というのは心が強いと思います。今回の震災でも現地の方々は故郷からの一時疎開を考えなのだそうです。
 被災もしていない私たちが気持を暗く落ち込ませてテレビ局や雑誌やネットの不安をあおるデマに耳を傾けることなく、元気に生きていきましょう!

c0004987_0251069.jpg

 タトウ紙は破れもあってその点では価値はゼロでしょう。

c0004987_0273990.jpg
c0004987_027578.jpg
c0004987_0282732.jpg
c0004987_0284219.jpg

 それぞれ原爆の脅威を掲載した写真絵葉書となっています。


 東京では原爆に関する展示が企画されていたものの中止になったようです。これを残念がる方々もおられますが、私自身としてはこれほど原発に敏感にそれも過剰になっている時点で展示するのは公平な観点が損なわれると思いますので今回の判断を評価します。
by richouken04 | 2011-03-26 23:15 | 戦後参考品

再掲・岐389の湯呑

 日本はいま戦後最大の危機ともいえますが戦後すぐにもこのような状況でした。特に広島・長崎は原子爆弾を投下され、百年は復興できないとも言われていたそうです。

c0004987_759120.jpg

『ピカドン復興記念 広島駅 昭和二十一年三月吉日』

c0004987_803379.jpg

吹き墨による鯉の滝登り図 

c0004987_823567.jpg

高台内に『岐389』の呉須印が付けられています。

 ・・・・・

 東北・北関東の地震は原爆とは異なるものではありますが最大の危機という点では共通点は多いのではと思います。そういった意味で以前掲載したこれを再掲させていただきました。
by richouken04 | 2011-03-22 19:03 | 岐(岐阜県東濃地区)
 ここで紹介している通い徳利(貧乏徳利)は主に東日本から東海(関東から三重県)で流通したようです。これは東海道や太平洋沿岸の物流によってもたらされたものでしょう。それとともにこの地を管理していた尾張藩の影響もあったとのことです。 
 さて今回の物はその東海道にも少し関係してくるのかな?というもの。

c0004987_21375471.jpg

『米兼』 酒屋の名前でしょうがわかりませんでした。

c0004987_21385839.jpg

『川名』 神奈川県藤沢市東部の町です。明治22年(1889年)、川名村は小塚村・高谷村・宮前村・弥勒寺村・柄沢村と合併し、川名は村岡村となり、昭和16年(1941年)さらに村岡村が藤沢市に合併されて以降は藤沢市となる。これは村岡村時代のものと推定されます。

c0004987_21394828.jpg

『電東?五八二六』 電話と言いたいところですが、『東』ですよね?『東電』ですか??
電話が普及すると電話番号を掲載する徳利が登場します。

c0004987_21405127.jpg

『昭和十年』 この年、第六号酵母が分離され、現在も利用されています。ただ、迫りくる戦争の足音と新興勢力のビールにそのシェアは狭まってゆくことになります。

c0004987_21412868.jpg

高台の造りは昭和二年の物と比べてもそん色はありません。

 美濃の通い徳利(貧乏徳利)造りは昭和12年(1937年)の支那事変(日中戦争)を境に生産は半減、さらにアルコール濃度数の規格制定により通い徳利は生産中止に追い込まれたという。

 その後、この地域では湯たんぽ(小判型やかまぼこ型)や飲料水瓶(どりこのやクワスなど)、その他、容器類を生産してゆきます。

 今でも湯たんぽは生産していますし、地域の入り口には通い徳利で彩られたモニュメントがあります。機会があればご覧ください。


 
by richouken04 | 2011-03-18 22:26 | 戦前参考品
 通い徳利には屋号の他に年号の入ったものが見られると以前書きました。紀年銘入りの陶磁器は確実な製造年がわかるのですがこれらはとても少なく貴重なものと言えます。
 
c0004987_21281443.jpg

『吉野屋』 小牧市にあったと思われる酒屋だがよくわかりません。もう少し調べてみます。

c0004987_21295724.jpg

『小牧横町』 小牧市の『横町』のことと思います。秋葉社のお祭りには山車も出ます。

c0004987_21311261.jpg

『百五十一』 前述の資料によるとこれらの数字には意味が無いそうです。

c0004987_21321639.jpg

『昭和二年』 昭和元年は年末で数日しかありませんので、実質的にいえば昭和の始まりの年と言えるのではないでしょうか。

c0004987_21424368.jpg

高台は少し削り出して高台としています。

 傾いているのはご愛敬。これもおそらく窯場で捨てられたものと思います。


 このブログで癒されるかどうかはわかりませんが投稿することでなにかしらの励ましになれば幸いと思います。



 
by richouken04 | 2011-03-16 21:46 | 戦前参考品
 11日の地震は非常な衝撃でした。今週は夜勤で寝ていましたが揺れて起きました。数日前から飛騨方面で地震がありましたからそちらの地震かと思いましたが…一日たって様々な映像を見るにつれ、涙が出てきます。

 そんな中でも懸命に捜索や消火に努める方々には頭が下がります。

 また、避難所で苦しい時間を過ごしている方々に一刻も早い安らぎが来ることを願っています。

 そして、この地震で亡くなった方々のご冥福を祈ります。


 負けるな!日本!
by richouken04 | 2011-03-13 00:50 | いろいろな事

皆さん大丈夫ですか?

 宮城の地震は名古屋(小牧)でもかなり揺れました。

 各地で大きな被害だったですが、皆さん大丈夫ですか?

 冷静に、危ないところには近寄らないようにしてくださいね。

 
by richouken04 | 2011-03-11 17:23 | いろいろな事

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04