時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

大須観音骨董市 8月28日

 暑い中、大須へ。

 昼近くに行ったので業者さんたちは早い?昼食を取られている。

 カップヌードルの匂いが・・・・

 帽子をかぶってくれば良かったと後悔したりする。

 うぶ出しのお店を中心に見て回るがなかなか見るべきものがない。そう思いつつもいろいろとひっくり返す。

 ある店でおおっ!

 『蚊やり』だ!万古の番号がある。

 ずいぶんと使い込んでおり蓋の裏はもう煤で真っ黒。

 よくぞこれを捨てずに露店へと運んだものだ。

 そしてこんな物を買う人も…どうかしてるゼ
 

 
[PR]
by richouken04 | 2011-08-28 23:25 | 旅の話

国民食器の湯呑

c0004987_2059116.jpg

 国民食器の湯呑

 戦争を象徴するようなやきものの一つですが謎のやきものです。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-26 21:09 | 戦中期参考品

岐201の盃

c0004987_0232918.jpg



 青磁でできており、金彩が施された戦時下の製品としては珍しいもの。

 東寺のかのんちゃんのところで購入した最初の品だと記憶している。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-19 00:15 | 岐(岐阜県東濃地区)

岐78の戸車

 最近といっても五月の連休に入手した物です。以前、といっても随分前ですが戸車・戸滑りは紹介したと思われますがこれらは二連タイプとでもいいましょうか、岐阜県陶磁資料館の図録にはラベルこそ違いますが同じものが掲載されております。

c0004987_22364968.jpg

 2つは同じ生産者の産物ですが使用した土が違うためか発色が全然違います。


c0004987_22372247.jpg
c0004987_22373759.jpg

 ラベルには『金属代替品・陶製襖引手マル停拾七銭』とあります。戸車なのに襖の引手とはこれいかに?
単独タイプにも同じラベルがありましたね。

c0004987_2238751.jpg
c0004987_22382729.jpg

 こちらはラベルがはがれてしまった物なのでシールを張っています。シール(ラベル)が無いと本体・車輪・軸とばらばらになってしまいます。

 どちらにも側面に『岐78』の凹印が付いています。

 ガラクタ共存記にはガラス製戸滑りが紹介されています。どうぞご覧ください。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-17 22:39 | 岐(岐阜県東濃地区)

瀬610?の湯呑・隣組湯呑

 左側の隣組湯呑は関西の業者さんから入手しました。今まで隣組湯呑をいろいろ見たり購入してきましたが私の独断で言わせていただければ隣組湯呑は関西方面でよく見かけます。
 それだけの需要があるということは隣組の組織化に躍起になっていたのかもしれません。ある本では戦争末期、この地の軍人が戦争に批判的な高齢者に激怒して処分を求めたとかということも書いてありました。

c0004987_23413731.jpg
c0004987_23415356.jpg


 『隣組』歌詞を描いています。ささいな表現の違いはありますが行の取り方などは岐阜(東濃)とほぼ同じです。絵は女の子が回覧板を隣家へ持ってきたところでしょうか。『臣道実践』の文字が見えます。これはこちらのオリジナルです。

c0004987_2344483.jpg


 反対側には何もつけられていません。東濃では翼賛のマークが付いているのですが、不思議なものです。

c0004987_23512222.jpg
c0004987_2352236.jpg


 高台内にはものすごく薄いのですが『瀬610』らしい記号番号が付いています。2枚目の写真は何とかそれをお見せしようと工夫しましたが、どうでしょうか。
 ときどきこのように薄い記号番号が付いた製品があります。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-15 23:55 | 瀬・セ(愛知県瀬戸市)

隣組湯呑その2

 こちらは一般的によく見られる小型の隣組湯呑と最近見つけた隣組湯呑です。

c0004987_2222546.jpg


 左は瀬戸で、右は岐阜(東濃)で製造されたものです。瀬戸で生産された隣組湯呑はまだこれ一種類ですが歌詞を描いていることから数種類造られたものと考えています。

 次回は左側の湯呑を紹介していきます。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-13 22:27 | 瀬・セ(愛知県瀬戸市)

岐250の湯呑・隣組

 炻器(せっき)とよばれる陶器と磁器の中間のようなもので成形されている。これらは茶色い色をしており白土の刷毛目や青い顔料による文様が特徴的です。

c0004987_2395435.jpg

c0004987_033884.jpg
c0004987_0331896.jpg

 この湯呑も白土の上に『隣組』歌詞を銅版転写で描いています。他の隣組湯呑と同じ模様です。

c0004987_0324240.jpg

 高台内には『岐250』の凸印が付けられています。岐阜県笠原町の窯元です。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-10 23:10 | 岐(岐阜県東濃地区)

隣組の湯呑

 再開ですよっ!

c0004987_21591871.jpg
 
 隣組湯呑の4つ組です。隣組湯呑はいくつも種類(大きさ・絵柄・産地・土味)があるようですがこれは大振りの湯呑です。

 詳細はまた。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-09 21:59 | 岐(岐阜県東濃地区)

暑中見舞い申し上げます

c0004987_17103128.jpg


暑中見舞い申し上げます。

ただいま車外温度37度、多分工場内は40度超えだろうか。
節電している訳ではありません。では
[PR]
by richouken04 | 2011-08-08 17:10
c0004987_19414370.jpg

ただ今ブログUPに向け準備中ですのでしばらくお待ち下さいませ。
[PR]
by richouken04 | 2011-08-03 19:41

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04