人気ブログランキング |

時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

岐1145の皿

 特別展『番号の付されたやきもの』図録からの第4回も恵那陶磁器工業組合(当時)の会員の製品です。

c0004987_22552445.jpg
c0004987_22572215.jpg

 泳ぐアユの文様は江戸時代の古伊万里に文様のルーツがあるのかと思います。今までも『岐1128の皿』を紹介しております。それと比べるとデザインの違いが一目瞭然です。
 『岐1128』では網にかかった鮎を皿の全体にデザインしているのに対し、こちらは水流の中を泳ぐアユです。さらに水流を近代的ともいえる単純化された文様に仕立てています。
 これは結構衝撃的な製品と考えます。古い様式と新しい感覚との融合…はちょっと言い過ぎでしょうか。

c0004987_2256115.jpg

 高台内は白磁で仕上げられ、『岐1145』の凹印が押されています。


 次回は『岐1133』の皿をご紹介します。
by richouken04 | 2012-04-30 22:58 | 岐(岐阜県東濃地区)
 特別展『番号の付されたやきもの』図録からの第3回も恵那陶磁器工業組合(当時)の会員の製品です。

c0004987_22223463.jpg

 小・中の変形鉢です。円形に近いのですが二枚貝を模しています。図録では『岐1093』の変形皿や『岐1107』の貝形小鉢などと同じ意匠といえましょうか。青磁釉を使用しながらも口縁は呉須で縁取りをしています。

c0004987_22231172.jpg

 側面から見た図。側面には何も文様はありません。この地域の製品には文様の無いものが多いと思います。

c0004987_22253361.jpg

 高台はこの地域の特徴である同心円状の輪状文になっています。中央に『岐1128』と読める凹印が付けられています。このような高台の造りは他の地域でも少なからず見ることができます。人気があったのを裏付けるものですね。(写真は大きいサイズの製品のものです)


 次回は『岐1145の皿』を紹介します。 
by richouken04 | 2012-04-29 22:30 | 岐(岐阜県東濃地区)

大須観音骨董市 4月28日

 特集をお休みしてBlackで・・・いやいや、普通でお願いします。

 ちょっと遅れ目の10時ごろに到着した。この頃だと既にめぼしいものは他者の手に渡ってしまった後ということが多い。


 くきぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~


 今日はいつものお店とは違ったところもあり、これは名古屋骨董祭を意識した行動なのかと勘繰ってします。まぁ、そんなことはなくってG.W.の渋滞を回避したのだろう。

 門を入ったところのウブダシ屋は静岡からとうかがっているし、京都や大阪で出店なさっている女店主もおられるので店によっては来るのが困難なところもあるのだろう。

 前回購入しなかった子供茶碗はそのまま残っているし、着物が山盛りポテトフライ状態で見るべきものはなかった。こんな日もあるさ…。
 中ほどのウブダシ屋ではそば猪口1000円の値札が張られた直後だったため、傷の無さそうな美濃の太白手と呼ばれる炻器(せっき)質染付の猪口を2つ購入。図柄は山水で特に珍しいことはないが最近は見ないからいいか。

 完璧な出来よりもやはりどこか砕けたものに目が行くな。

 その後は声をかけてあるレゲエ店主(と勝手に呼んでいる)の店で徳利を購入。よく見る徳利とは違う形状がうれしい。

 また頼むよ!でも高いんがネックかな…。

 そこで若い友人、猫目氏と遭遇。健全な?骨董病は進行しているようだが、お互いニセモノには気を付けないと。(いずれ紹介するあれは今となってもかなりきつかった思い出しかない)


 大須観音を後にして、今回は金山のアンティークモール金山に寄ってみた。

 残念?いつもの通り?購入は無し。

 ただ、ヒッポ爺さんにとってはヨダレダラダラ、脱糞、ゲップものの逸品?がありましたぞ。
 ショーケースのそれはデッドストック?誰かの手作り?


 いや、それでもすごい…思わず見入ってしまった…。


 いや~、見られないんだね~、残念残念。


 次回は名古屋骨董祭(初日)だ!期待薄…
by richouken04 | 2012-04-28 23:50 | 骨董市と骨董屋

岐1124の皿

 特別展『番号の付されたやきもの』図録からの第2回は恵那陶磁器工業組合(当時)の会員の製品です。

c0004987_22434232.jpg

 全体に青磁釉をかけた、この地域独特の製品です。特に陽刻した上に青磁釉をかける製品が多いですがこれは呉須で春蘭らしい草花が描かれてます。
 春蘭のような草花は描きやすかったのか多くの窯元の製品でその図案が採用されています。また、里山では比較的目にすることのできた花で親近感もあったのでしょう。

c0004987_22444447.jpg

 高台内だけは青磁釉をかけていません。また釉薬も均一に丁寧な仕事をしています。この時代の製品には釉薬の斑(ムラ)があるものが多いのですが。
 高台内に『岐1124』の凹印が付けられています。


 
 次回は『岐1128?』の2つ鉢をご紹介します。
by richouken04 | 2012-04-27 22:45 | 岐(岐阜県東濃地区)
 まずは当時の瑞浪町(現在の瑞浪市)にあった美濃窯業株式会社の製品です。

c0004987_21184724.jpg

 比較的大きな洋食器、当時は肉皿とも呼ばれていました。吹き墨ないしは岡染付と呼ばれる明確な輪郭を持たない絵付けです。
 
c0004987_21191350.jpg

 ここに描かれたものはランの花でしょうか。洋食器はシンメトリー(左右対称で釣り合いが取れ調和しているようなデザイン)が本来ですが昭和初期においては日本風ないしアジア風の非対称なデザインを以て洋食器を創造しようとした時期がありました。そのような時期の遺物なのでしょう。

c0004987_21194097.jpg

 社章が付けられていました。『KANEBO』とありますので化粧品大手として君臨した鐘紡紡績でしょうか。しかし、どうやら社章とは違うようです。別会社なのか、何か違う意図があってのものかわかりません。

c0004987_21202341.jpg
c0004987_2120514.jpg

 裏は縁が厚めに造られており、『工場食器』の様相が見て取れます。高台には『美濃窯業會社』のクロム印が付けられています。
by richouken04 | 2012-04-26 21:21 | 岐(岐阜県東濃地区)
 『特別展 番号の付されたやきもの』展図録からの特集をちょっと考えております。

 この図録には一般的な図録としての役割とともに

 戦時下における陶磁器と現在の瑞浪市を中心とした陶磁器の生産について記述されており、

 この手の展示ではなかなか顧みられない『代用品以外の陶磁器』に焦点を当てた良書と考えております。

 
 とはいえ、何の用意もしておりませんので


 おいおい。


 この図録に掲載できなかった?最近収集のものを紹介します。

 
 2つだけですけど…。
by richouken04 | 2012-04-24 16:41 | 岐(岐阜県東濃地区)

岐217の湯呑

 こういうのを使用していただきたいものだ。

 『しつこい!』


c0004987_2058446.jpg
 
 あっさりした絵付けですがゴム印全盛の時代において手書きの製品は比較的少ないのではないでしょうか。

c0004987_2059961.jpg

 高台内には『岐217』の呉須印が付いています。
by richouken04 | 2012-04-23 20:59 | 岐(岐阜県東濃地区)

喰うのか?喰えんなぁ!

c0004987_10114025.jpg

2週間の間、放置いや保管されているおにぎり。

賞味期限は4月5日。

常温での保管です。

いつまであるのかなぁ…
by richouken04 | 2012-04-21 10:11 | いろいろな事

大須観音骨董市 4月18日

 骨董日和のお天気に平日にもかかわらず多くの病人ども?が大須観音に集っておりました。

 いや、某発電所に巣食う金を前に平成の大合併を拒絶した病人ども?と同じくらいか?

 今じゃ病人になったことを心から悔やむ毎日だよ。奥さんもぐったりだよ。


            どこの誰とは書いておりませんよ!


 国道沿いの門を入ったところのうぶだし屋さんは今日は着物がうずたかく積まれておりました。その隣にはガラスの菓子瓶が3つ。一つは猫瓶と呼ばれる横に口のあるタイプか。でもちょっと小さいサイズなので新しいのかなぁ、とも思ったが一周して戻るとこれだけ無くなっていた。

  もう置くとこないんじゃないんですかぁ?

  いえ、自分にも言っております。

 ほかにも気になるものがあったが一周すると姿を消していた。

 白磁おろし金。

 おそらく業者だろう。10点以上あったろうに一つも無かったからな。まぁ、番号もないから別にいいんだけど。

  でも、ちょっと残念かな。戦後すぐって感じだったから。

  フクシマは、ある意味、戦中ですけど。

  オオサカも、ある意味、船中ですけど。

  北は…ある意味、挑戦中ですけど。



   何か問題でも???


 福沢さんが何人も必要そうな備前の細首徳利や名陶のティーセットなどはさすがに見るだけでなかなか手にすることは難しいな。

 細首徳利は小指が入るくらいしかない細さで今ではなかなか作れないんじゃないかと思われるものと推測。でも、実用向きじゃないからいつ頃のものかは不明。鑑賞としてはベストだけど。

  アソコノ環礁ハワレワレノ国ノモノダ!

  まったく、次々に手ぇ出しやがって。今だけだぞ!

  今はリコだけです。 ジュンイチ
  今は福井だけです。 ヨシヒコ
 
  今はカンボジアだけです。 ヒロシ


 
  ええい、あんたらも出てくんな!

 
  え?呼んだ? あいJ社長アサカワ

  え?呼んだ? シマデン・シンスケ




   もうええわ!


   撤収ー!



 
  ≪収穫≫

  軍隊盃 3つ

  陶製台十能(番号無)




   
by richouken04 | 2012-04-19 01:02 | 骨董市と骨董屋

骨董日和

c0004987_1752346.jpg

今日は実に骨董日和でした。

それでも掘り出し物は…

なかなか上手くはいきませんな。
by richouken04 | 2012-04-18 17:52 | いろいろな事

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04