時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 子供茶碗と言っているが、当時窯元ではこのような名称はありませんでした。戦後、漫画やアニメの絵柄を茶碗に使用するようになってからこの名前が一般的になったのでしょうね。

 この子供茶碗は他のものと一緒に購入。そちらがメインでしたがこちらもそこそこ面白いものでしょ。

c0004987_056121.jpg

 女人が描かれ、和歌が添えられる。このスタイルは百人一首の絵札ですね。名前は書かれていませんが和歌から小野小町のようです。

 『花の色は 移りにけりな いたずらに 我身世にふる ながめせしまに』

 恋に破れた自身と枯れてゆく花とをだぶらせた歌です。

c0004987_0565099.jpg

 別面は藤原道信朝臣の和歌です。

 『明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな』

 こちらも夜明けとともに恋人と別れなければいけない悲しさ…今も昔も同じですね。

c0004987_0571829.jpg

 三面目はなぜか下の句のみです。喜撰法師の和歌です。

 『わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり』

 茶碗には『世をうぢ山と 人はいふなり』だけです。これは他にも意味がありそうで…源氏物語の宇治十帖に絡ませているのではないかとも考えられませんか?

c0004987_0574439.jpg

 高台内には何もつけられていませんが、この茶碗はすごいんです。ほとんどの茶碗が高台を下にして焼くのに対し、こちらは伏せ焼きをしています。畳付(机との接点になるところ)はつるんとしています。

c0004987_0582184.jpg
c0004987_0585071.jpg

 伏せ焼きですので口縁部は釉薬をはぎ取っています。伏せ焼きは洋食器の薄手のカップによく見ますが茶碗にはほとんど例がありません。高台部分に重量がかかり焼成が難しかったのだろうと推測しています。


 大正から昭和の初めは竹久夢二や高畠華宵、中原淳一など今までとは一線を画する文化が登場しました。その流れがこの茶碗を生み出したのかもしれませんね。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-30 01:04 | 戦前参考品

瀬870の子供茶碗

 久しぶりに子供茶碗でも…。骨董ジャンボリーでは3つ入手できました。順次紹介します。

c0004987_1223782.jpg
c0004987_1224661.jpg
c0004987_1231735.jpg
 
 子供らしい絵柄で戦争などみじんも感じさせないだろうか。その点を考えると女の子向けかな?などと考えてしまう。『だるま』・『うさぎ』・『ピエロ?』と単純な文様だけです。
 だるまは比較的いろいろな機種で見かける文様ですが、他は見かけませんね。

c0004987_1232726.jpg

 高台内には『瀬870』と判読できる呉須印が付けられています。


 今日の大須はお休みしました…

 次はどこかな?
[PR]
by richouken04 | 2012-08-29 01:26 | 瀬・セ(愛知県瀬戸市)
 セラパークへ行った後、土岐市美濃陶磁歴史館へと行きました。

c0004987_052133.jpg

 今は企画展『土岐市における近代窯業の偉人-熊谷鉄蔵-』を開催中でした。

 その後、織部の里公園へ歩いて行きました。

 暑い…かなり整備が進み里山の公園といった感じです。

 菖蒲や菖蒲が植えられていることから春先の方がきれいでしょうね。

c0004987_0551298.jpg
c0004987_0552549.jpg

 私自身にとって大きな変化点の一つである元屋敷窯跡。

c0004987_0561376.jpg

 この角度…すごい!まるで崖ですねぇ。

c0004987_0562645.jpg

 輪型になっているのはトチン。製品をのせていた部分です。ここから大量の製品が生み出され消費されていきました。


 ああ、懐かしい。 あの頃が懐かしいな…。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-28 00:57 | 旅の話
 『タグ』の整理が終わりましたので再開いたします。パソコンで見られている方にとっては『タグ』が20個までしか表示されないのでちょっと不便ですが、上記の『カテゴリ』と『以前の記事』から見ていただければと思います。

 …………

 昨日・今日と多治見のセラパークでは美濃骨董市が開催されていました。今回は土曜日に行けなかったので、あまり期待はしていなかったが…

 期待外れ通りであった。トホホ…

 なぜか店舗数も少ない。何か祭事とぶつかっていたかしら?と考えてしまう。

 
c0004987_22362958.jpg

 上階からガラス越しに撮影。こちら側から見るとそんなに少ない感じは無いが奥に行くと店舗の隙間があって…少ないんですよ~

 購入も犬山のYのみ。

 『こちらに統制陶器ちょっとありますよ』と声を掛けられる。

 先月のHさんとの店先での会話と、Hさんが昨日来られていたことで話が通じていたようだ。

 まぁ、まだ安価なので構わないが…高値になるんかなぁ???


 帰ろうとした時、元館長のA氏に声を掛けられる。

 よく声を掛けられる日だ。

 テーブルに腰掛け、しばしお話をさせていただく。

 文化行政上の厳しい現状など拝聴した。

 どうすべっかねぇ。ウ~ン

 
c0004987_22373069.jpg
 
 回廊から見る多治見市内。

c0004987_22375531.jpg
 
 栗の実も育ってきました。秋も近いんですね。

 まだまだ暑い日が続きますが体調管理にはお気を付けください! 


 
 収穫 茶碗と小鉢

 
[PR]
by richouken04 | 2012-08-26 22:38 | 骨董市と骨董屋

炊事の道具・その

c0004987_2113842.jpg
c0004987_2123264.jpg

万121の土瓶

c0004987_21374.jpg
c0004987_2132310.jpg

万122の土瓶

c0004987_214745.jpg
c0004987_214223.jpg

万130の土瓶

c0004987_2145974.jpg
c0004987_215195.jpg

万132の土瓶

c0004987_2154924.jpg
c0004987_216546.jpg

万135の土瓶

c0004987_2163923.jpg

万154の土瓶

c0004987_2171146.jpg

c0004987_2174649.jpg

万158の土瓶

c0004987_2181087.jpg
c0004987_2182337.jpg

万158の土瓶
[PR]
by richouken04 | 2012-08-23 20:18 | 万(三重県四日市市)

今週は更新無しです

c0004987_2192936.jpg

今週は更新無しで肥大化した『タグ』の整理をしていきますのでよろしくお願いします。では
[PR]
by richouken04 | 2012-08-22 02:19 | いろいろな事

許27277の小皿

 骨董ジャンボリーで購入したものです。ジャンボリーでは小品を中心に何点か拾えましたが、次日の骨董市巡りでその内容もかすんでしまいましたが…

c0004987_23382298.jpg

 ひょうたんから駒を図案化したものです。『忠勇』と書かれているため目についたのですが、ことわざの意味を改めて考えてみると『あれ?』と首をかしげてしまいました。

 『ひょうたんから駒』…①意外な所から意外な物が出ること。ふざけて言ったことが実現することのたとえ ②とうていありえないことのたとえ

 ひょうたんから出て来ているのは姿格好からして騎兵とみても差し支えないのではなかろうか。
 これが見立て通りの騎兵として、前者の意味合いから図案を考えたものとすれば『忠勇』ひょうたんから大きな力が出現するという意味合いなのだろう。
 しかし、後者に意味合いをとった場合には『忠勇』ひょうたんからこんなものが出る訳が無いとなってしまう。この図案を作った図案家に反戦の心が宿っていたのだろうかとうがってしまう。
 もちろんどちらも私の推測にすぎないがいかがだろうか。

c0004987_2338945.jpg

 高台には一部剥がれもあるが『許27277』の赤絵印が付けられている。統制番号とともにこの番号の付いたものを『許のやきもの・許27222の皿』で紹介しているが、こちらには『許』のみです。
 『許』記号についてはまだ謎な部分が多く、はっきりした目的もわかりません。今後の調査が待たれます。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-19 23:39 |
c0004987_0221790.jpg


 名古屋ボストン美術館の『日本美術の至宝』後期展です。

 前期展を見ましたが絵画中心でした。 仏画は傑作揃いでした。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-19 00:26 | いろいろな事

大須観音骨董市 8月18日

c0004987_23173120.jpg

8月18日の大須観音

c0004987_23165077.jpg

 10時ごろ到着、7月のような暑さは無いものの蒸し暑さはまだまだ。もう少し我慢である。国道から門を見る。道路際の多治見のウブダシ屋は何もなさそうだ。この季節、ウブダシも命がけと聞いたからなぁ。
 静岡のウブダシ屋はそんなに変わりなしか?陶製手榴弾が2つあったが、高値ということで猫目氏も購入を見送ったそうだ。私も、これは見送った。特に記号番号などなかったし。

 アノ方の顔は浮かばなかった。

c0004987_23181072.jpg

 某店先の軍隊盃など。擦れなどあるので安かったりするが、ちょっと収集するには時代的に古いだろうか?難しいな。碗型をしたものなんかは昭和だろうけど。皿型だよな…わからん。ここらは手書きか、ゴム印かここらで判断するしかないな。

c0004987_23191095.jpg

 境内には歯抜けになったところがいくつかあった。お盆休みを頂いたということか?それでもお客は来るんだぞ~!外国人もいつもより多く訪れていたように感じたのだがどうだろう。

 ある店先の光景。

 『これおいくら?』

 『一体●●●●円です』

 『●●●●円かぁ、男女だと2体だもんなぁ』 『どうしたの?』 『考え中なの…』

 ええと…それは、ダマされてますが…

 インテリアとしてのご購入であれば何も言いませんが…まぁ、口は出しませんが…

 ・・・・・

c0004987_112019.jpg

 店先で物色中のN氏を撮影に成功!御尊顔の拝謁は後日でしょうか。戦前の湯呑を物色されておりましたな。すかさずこちらも同じものを購入しました。


 さすがにこれ一個だけってのはさみしいなぁ…。

 次は多治見で…日曜日だから無いか…



 成果:『しき島肥料』の緑二重線入り湯呑(美濃窯業製)
[PR]
by richouken04 | 2012-08-18 23:25 | 骨董市と骨董屋
 76年前の8月16日がどんな日だったか、実際に知っているわけではありませんが混乱と安どと日々の生活に追われて大変だったろうなぁ、と思います。テレビドラマや書籍からの情報がほとんどですが…(汗)

 今日は戦後すぐに造られたと推測(かなり確信的な推測)をしている製品です。戦後、兵器の材料として残されていたものをいろいろな生活用品に造り替えています。そんなひとつです。

c0004987_22422528.jpg
c0004987_22431359.jpg

 ジュラルミンorアルミで造られた火鉢です。薄手に造られた陶磁器でもおなじみの卵型(とでも言いましょうか)です。上部と下部に模様を付け、単調になりがちな金属製火鉢に面白みを持たせています。

c0004987_22435087.jpg

 上部は花唐草文様を削り出し?、型による陽刻?で表し、黒い顔料で塗りつぶしています。顔料は何でしょうか、これも工場で使われていたものなのでしょうね。

c0004987_22445315.jpg
c0004987_22465468.jpg
c0004987_22472857.jpg
c0004987_22474841.jpg

 下部は秋草文様らしいものと『紀元2605』と書かれているようです。紀元2605の文字は紀元2605年のことを指し示しているとすれば、昭和20年を表していることになります。
 時代的に考えても金属製の火鉢を昭和20年前半に造ることはまず無いと思われますので戦後すぐの製造と考えられます。

c0004987_22575439.jpg

 底部分には鋳込み?なんですかね、中央部に削った跡が見られます。この時代と思われる金属製すり鉢や食器にも見られました。雑さがこの時代の感じなのだろうなとみています。
[PR]
by richouken04 | 2012-08-16 23:01 | 占領期参考品

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04