時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

台風接近中

c0004987_18203284.jpg

c0004987_18211454.jpg

 すごく風雨が強いです。

c0004987_18214367.jpg

 十五夜なのでお団子を作ったのですが…残念な天気で…。

 これから通過が予想される地域の方はお気を付けください



  
[PR]
by richouken04 | 2012-09-30 18:22 | いろいろな事

有15の変形皿

 夕方に大手スーパーに行ったところ、モモやブドウ、ミカンに交じって柿が売られていました。

 すっかり秋なんだなぁと思いましたね。

 なので、柿の文様を…。

 有田焼には柿を文様(デザイン)化した製品が多数みられます。これは有田焼特有の現象というか、他の窯では見られません(今現在のところ)。文様(意匠)の保護はこの当時もありましたので、他の産地で使用しないようにさせていたのかもしれませんね。

c0004987_23414413.jpg

 木瓜(もっこう)形と呼ばれる器形の皿です。流通が整備されて鮮魚が都市部にも出回り始めたことで刺身などが食べられるようになったことに由来しているとも聞いたことがあります。
 型押しされた柿葉に呉須をさし、実には上絵で紅色を付けています。

c0004987_2342946.jpg

 高台内には薄くて見えずらいですが『有15』の呉須印が付けられています。『近現代肥前陶磁銘款集』には掲載されていませんので窯元がどこかは不明です。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-29 23:51 | 有(佐賀県有田町)
 秋のお彼岸の法事の最中、お寺の本堂を見る。お寺は昭和17年、仏具の回収が行われ陶磁器・ガラス・コンクリートなどの仏具が本堂を飾ったはず。うちのお寺はすでに銅器に取り換えられており、どのような代用仏具があったのかはわからない。それでも黒ガラスの仏飯器は今でも使用されていた。
 お寺によっては今でも陶磁器製仏具を使用されているところがある。

c0004987_2159828.jpg

仏具揃い 乙型仏具とよばれるものです。仏具のセットとしてはこれのほかに仏飯器がつきますが陶器製の仏飯器は1つくらいしか見て事ありません。

c0004987_21591265.jpg
c0004987_220026.jpg

燭台(受け皿欠) 本来はろうそくを立てる受け皿があるのですが差し込み式で分離できてしまうことから落として破損したり、取り換え後にどこかへいってしまったりするのでしょう。ちょっと残念ですね。
底部分に『万●●』の凹印が付いています。

c0004987_2204923.jpg
c0004987_221319.jpg

花生 乙型仏具の花生は甲型と比べ、ほとんど見ることがありません。仏具とはいえ銅器を上手にうつしているために普通に花瓶として使用されたのではないかと思います。
底にはそれぞれ『万76』の凹印と凸印が付いています。

c0004987_2214567.jpg
c0004987_222187.jpg

香炉(蓋欠) 本来は透かし彫りを施された蓋が付属するのですが、これは失われています(残念)それでも線香立てとして使用する際には蓋が邪魔になりますので、この方がいいのだろうか?
 底に『万76』の凸印が付いています。


 代替仏具は甲型と乙型があります。それぞれ銅器をうつしたものでしょうが、文様の美しさでは乙型でしょう。甲型はシンプルな美を追求したとも言えます。
 
 ひょっとしたら皆さんの近所のお寺さんに残されているかもしれません。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-26 21:38 | 万(三重県四日市市)
 秋の彼岸ということで、地元のお寺にて法事。そのために到着が昼過ぎになってしまう。

 あーあー、買われちゃうよぉ!できれば出たくなかったなぁ。

 『この罰当たりがぁ!!』


c0004987_0221384.jpg

 正午から午後にさしあたる時間なのでお客も少なく、

 業者さんすら会場をさまようありさま。


 バイオ・ハザードだ!

 いや、撮影はしてないぞっ

 お互い交流を深めてるだけだ。

 どこぞのクニとクニのことか?

 『とりあえずラーメンからシナチクを
クチクしよう』

 あの触感だけは見逃してくれー!
頼む!この通りだ!



 茶碗を一つ購入。

 『いつも買ってくださる方ですよね、有田の三つ組み鉢が入りましたがどうですか』

 それねぇ…『珍品』とまでは言えないんですよねぇ…

 『残念ながら持っています』

 裏までは見ていないがたぶん『有31』。出現数としては多い方ではないか?

 次回また、期待していますよ!

 
 
 会場でいくつか気になったが、ついN氏の方向性に引っ張られ

 山茶碗購入!

 土がついており、傷隠しかとも思ったが、

 側面を慎重に見るが共直しも無いようだ。

 釉薬も無いので安価なのだ。

 買われた~なんて言わないでね♪
[PR]
by richouken04 | 2012-09-23 00:20 | 骨董市と骨董屋

土岐にいます

多治見のセラパークに行って、今マックで月見バーガー食べてます。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-22 14:45 | いろいろな事
 本屋を物色しているとこんな本が目につきました!
 かなり前から話題になっていたようですが…知りませんでした。

c0004987_164074.jpg

 『ケンタロウのパパパ皿』(概報)、NHKの『きょうの料理ビギナーズ2011年5月号』と緑二重線入り食器が使用されようとは…

c0004987_171946.jpg

 NHK 『きょうの料理ビギナーズ 2011年 05月号』

 これはクウネル系骨董商の暗躍があってのことでしょうか?

 いや、やっぱりこれぞ究極の『簡素の美』なんだろうか!
[PR]
by richouken04 | 2012-09-21 01:11 | 本・雑誌

瀬424のひし形皿

 まいどのことながら何を出そうかと画像をポロポロみているが、あれは続き物だし、あれを出すと解説が多いしとか…すんませんねぇ。
  
 ひし形の皿は結構見ることもありますが統制番号を伴う例はほとんどありませんので紹介します。

c0004987_0181490.jpg

 松に鶴のおめでたい図案のひし形皿。実際に鶴が松にとまることは無いそうです。トキや鷺などの鳥を見てこれを絵画に取り入れたのでしょうか。でも、ボストン美術館展でみた屏風絵などには枝にとまる鶴はいなかったような…近代になっての創作だろうか。

c0004987_0184290.jpg

 比較的縁が立ち上がって深さのある皿に仕上げています。昭和初期頃になると新鮮な魚がある程度流通させることができるようになったようで、刺身皿なんかが登場してくるようです。

c0004987_0192414.jpg

 高台内には『瀬424』のクロム印が付けられています。他のひし形皿は東濃製でしたが、番号が無かったらどちらの作かわかりませんね。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-20 00:19 | 瀬・セ(愛知県瀬戸市)
c0004987_0344982.jpg

 『読売焼付版 陸軍記念日特輯』
 軍人さんたちの食事シーンを撮影しています。戦中よりもずっと前でしょうが、この写真では個人用の食器は4客(碗・大小、皿、湯呑)のようですね。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-19 00:41 | 戦中期参考品

大須観音骨董市 9月18日

最初から嫌な気がしていた。

天気予報は雨マークから回復する気配は無いし、テレビ画面にはしょっちゅう警報発令のテロップが流れていた。

こんなんで業者さんが出るわけないやろ!

一縷の望みも朝の天候でくじかれるが、起きてしまったし、飯も食べた。

テレビ愛知の韓ドラ観ても同じようなストーリーでつまんないから大須へ…

都市高のったら事故渋滞ですぐ降りることに…嗚呼!

100円パーキングは何故か満車!…嗚呼!

大須観音境内に入るとこれまた、嗚呼!


嗚呼!嗚呼!


普段の雨の日よりもずっと少ないじゃないかっ!(┳◇┳)

それでも出店の商品を見て探す。

当然の如く?無いったらありゃしない。

やはり来るべきではなかったか…

帰ろうとした時、10時頃に重役出没の猫目氏を見る。

山茶碗を物色しておらるたな。買われたかしら?

『雨の日は以外と掘り出し物がある』とかいう心情の持ち主だから

きっと何かいいものを買ったに違いない!!

ウラヤマシイ

裏、やましい…そりゃそーだ、捕まるからな。

何?このオチ?
[PR]
by richouken04 | 2012-09-18 16:24 | 骨董市と骨董屋

岐252の湯呑

 『隣組』の湯呑をさっそくアップします。
 今回はセットで入っていたと思われる箱があったことと隣組歌詞の一部と5つ目の湯呑の『常会信条』で他と違う部分がありましたのでこれを紹介します。

c0004987_14385552.jpg
c0004987_14394225.jpg

 当時箱と思われる段ボールの箱。『御陶器』のラベルも当時のままと思われます。ただ、箱内部の包み紙は当時そのままとはちょっと考えにくいものです。5個入れても隙間があることからそれぞれを区別する緩衝材があったと思われます。

c0004987_14342282.jpg

 とりあえず五個セットで並べてみた。右から1番歌詞から4番歌詞、常会信条湯呑となります。

c0004987_1435571.jpg

 『隣組』歌詞の1番歌詞と2番歌詞、ここに違いはなさそうです。

c0004987_14364286.jpg

 『隣組』歌詞の3番歌詞と4番歌詞、ここで3番歌詞の一部に違いが出ます。『地震・雷 火事泥棒』の部分です。正式には『地震や雷 火事泥棒』となっています。この部分は他のものでも同じ違いで刷られていました。
 4番歌詞は『何軒あっても一世帯 心はおなじ屋根の月』部分が正式には『何軒あろうと一所帯 心は一つの屋根の月』とかなり違っています。 

c0004987_1437672.jpg

 5つ目は『隣組』の歌詞とは関係の無い『常会信条』について書かれた湯呑になっています。この湯呑では『常会信条』が『部落常会信条』となっており、2項目も『会合の日には部落内の人達は皆が出席して住心地のよい部落を互いの力で作って行く会である』とある。
 『岐のやきもの・2 岐252の湯呑』では多少見づらいが『常会信条』であり、2項目も『部落』の文字は無く、『常会の人達…』と刷られている。

 これは地域的な差異なのだろうか?上記ブログの湯呑は関西地区で入手したものとの記憶がある。今回の湯呑は東日本(東北)から嫁入りした品です。『部落』という言い方は東日本と西日本で意味合いが違っているようなので地域によって文章を変えたのかもしれない。

c0004987_14375460.jpg

 反対面はすべての湯呑でこの『大政翼賛会』のマークが付けられています。これはどれも同じですね。

c0004987_14382591.jpg

 高台内にはすべて『岐252』の凸印があります。型からの抜けが良かったようで記号番号はくっきりと読めます。
[PR]
by richouken04 | 2012-09-16 22:51 | 岐(岐阜県東濃地区)

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04