時のかけら~統制陶器~

tokinokake.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

四君子の茶器(湯呑)

 花つながりということで昭和時代よりも古いと思われる製品を紹介します。一客のみだったので安価でしたがちょっと安すぎない?って感じです。

c0004987_21342784.jpg


c0004987_21345559.jpg


c0004987_21351818.jpg


c0004987_21355078.jpg


 四君子の描かれた茶器(湯呑)です。すべて手書きで春蘭は金彩でしょうか。丁寧な絵付けは画工の技がひかります。

 四君子は『梅蘭竹菊』の4つの植物を優れた君子に例えたもので絵画・工芸品に多く採り上げられました。これも湯呑とはいえ煎茶用ですので小さいです。これが時代が進むとともに湯呑へと変化していくようです。

 いまですと台湾でいただくウーロン茶の茶器などが近いですかね。酒器としても重宝するサイズです。

c0004987_213879.jpg


 高台内には『飛騨 渋草』の呉須銘があります。これは岐阜県高山市で焼かれた渋草焼です。天保期に開窯し、上手の製品を製造したようです。
 戦時下には松山吉一氏が技術保存資格者に選定されています。これはいつ頃のものかわかりませんが『飛騨』の名がつけられているところから明治頃かなぁと考えています。
[PR]
by richouken04 | 2015-03-31 15:13 | 骨董・工芸品

名30のポット

 まだ開花中だから時期遅れってこともないと思うのです。でも、世の中『桜・桜・桜』ですよね。

c0004987_23424245.jpg


c0004987_2344833.jpg


 椿の花(個人的にはヤブツバキかと?)が上絵付けされたポットです。

 戦時下のポットは洋食器類の中では比較的数が多いものです。それでも5つくらいでしょうか。これは形状が角々の戦争前のデザインが面白いです。

c0004987_23432540.jpg


c0004987_23434841.jpg


 素地に黒い貫入が走っていますので不合格品としてはねられたものが再利用され流通したということです。こういった例はいくつか存在しています。物資不足から必要とされたのでしょう。

c0004987_23442951.jpg


 底部分に『名30』の赤絵印が付けられています。
[PR]
by richouken04 | 2015-03-28 23:45 | その他産地

おやつ

本日のおやつ

c0004987_14342298.jpg


なごやん。
[PR]
by richouken04 | 2015-03-28 14:33

飴釉面取水滴

 朝鮮時代の水滴が好きで頑張って購入してきました。名品が目の前を通過していった時もありました。

 水滴は手に持って愉しめるのが魅力です。

c0004987_11585858.jpg


 飴釉面取水滴 朝鮮時代

 亀じゃないですよっ。

 口が欠けているのは墨水を出す際に硯にたたきつけるからだそうです。
[PR]
by richouken04 | 2015-03-25 11:59 | 骨董・工芸品

肩書きはねぇ

 ある方から『統制陶器コレクター』の肩書をいただいた。

 その方とは統制陶器でのつながりがほとんどなのでこうなったのだろう。
 ただ本人としては多少の違和感があったりする。

 私としては『統制陶器』はあくまでも蒐集品の一つの分野であるからだ。
 本当は朝鮮半島の陶磁器や中国モノ、盆や小家具なんかの木具もいいなぁとおもう。
 そうなると『古美術愛好家』とかの肩書なんかなぁ。

 でもそこまで<名品>を手に出来るほどでもないからなぁ。
 『サラリーマン貧乏数寄者』か・・・数寄者ってちょっといいかも♪

c0004987_10461554.jpg
 

 こんなんも好きなんです。最近はこっちのほうに心が傾いています。

 ああ、あれいいなぁ~ これもいいなぁ~ 買えないなぁ~

 がんばれ❤
[PR]
by richouken04 | 2015-03-18 10:47 | いろいろな事
 名古屋の国際会議場で開催された骨董市へ行ってみた。何度か足を運んだことのある催事である。

c0004987_23265106.jpg

 この日は2日目とあって中日のちょっと『のび~』とした雰囲気が感じられた。それでもこの病にかかる方々は足しげく通うのが常である。

 そして大震災から4年、当時は完全に姿を消した欧州系外国人も見られるようになった。それでも日本の美術品に対する評価は元に戻ったとは言い難いところがあるのではないか。

 大陸系外国人は経済発展を基にして過去に流出した美術品や彼らの生活に溶け込んでゆく製品を購入してゆく。この先に待つであろう没落に彼らはどう対応してゆくのだろうか。

 『何も変わらないさ

 いろいろな新しい言葉を繰り出したところで結局は古くからいわれている言葉がすべてをあらわしているもんだ。

 
 ちょっといいかい? そんな名言っぽいこと言っても何も買わなかったやろ。

 うん。胆力無かったっす。

 これ一番大切やな~

 でもさ、春は催事シーズンだからここでドカーンとはいけないよ(T_T)




    
[PR]
by richouken04 | 2015-03-15 23:34 | 骨董市と骨董屋

いかに伝えてゆくか

 昨日、今日は日本人にとって大きな災いが起こった日ですね。

 戦後生まれにとっては東日本大震災の影響が強いです。テレビでもこの話題で持ちきりな感じ。

 東京大空襲の特集などあったのだろうか、と思ってしまう。それとも夏に特集なの?

 記憶を風化させないという思いではどちらも同じ。

 いかにして伝えてゆくのか。

 のど元過ぎれば熱さ忘れる・・・それが一番恐ろしい。

 30年後の次世代はどちらも経験しないだろうか。

 それとも両方とも繰り返すのだろうか???
[PR]
by richouken04 | 2015-03-11 18:09 | いろいろな事

ご無沙汰しております

 ご無沙汰しております。

 『燃え尽き症候群』になってやる気が失われています。

 それでもポツポツと購入しているから『骨董病』というものは厄介です(笑)

 いま、リハビリ中というところでしょうか。

 今日はいい出会いからの散財です((^_^;))

 京都はどうだったのかなー?
[PR]
by richouken04 | 2015-03-02 00:01 | いろいろな事

戦時下(S15~S21)に焼かれたやきものを中心として


by richouken04